尾張春風伝 上・下

尾張春風伝 上
尾張春風伝 上・下
(おわりしゅんぷうでん)
清水義範
(しみずよしのり)
[武家]
★★★★☆

以前、「小説歴史街道」で吉宗VS.宗春を特集していた。ちょうどNHK大河ドラマで「吉宗」をやっていた頃だと思う。その中で清水さんが地元のヒーローである宗春を描いていたのを思い出して、本書を手にする。

今まで吉宗サイドからの作品を読んできたせいか。松平通春(のちに尾張藩主となる徳川宗春)が凄く新鮮。閉塞感の強い、享保の改革時代に、こんなバブリーな殿様がいたなんて、拓銀や山一の破綻で、世相が暗い今だからこそ、嬉しくなってしまう。

忠臣蔵を例にあげるまでもなく、歴史上の事件や人物を一方から見るのは、危険であるとともに、別の角度から見るとまた楽しめるいいケースだ。そういえば、「時代小説ヒーローたち展」の対談で縄田一男さんが、『龍馬残影』(津本陽・著)もそういう面をもった作品であるというようなことをいっておられた。今度読んでみよう。

尾張徳川家三代藩主綱誠(つなのぶ)の第二十男(なんと!ただし、乳幼児の死亡率が高いために実質七男か)に生まれた通春(宗春)。その春風のようなキャラクターが爽快感を与えてくれる。ところでそのパートナーとして、小姓の星野藤馬が活躍するが、確か、えとう乱星さんの『あばれ奉行』に登場したような気がする。

また、『元禄御畳奉行の日記』(神坂次郎・著)でおなじみの、日記マニア朝日文左衛門が度々登場するので、ぜひ読みたいところだ。

物語●ド派手なファッションを身につけ、遊郭を公認し、自由、平等、伊達を愛し続けた吉宗最大のライバル、徳川宗春の、痛快にして奔放なる生き様を描く。

目次■春風/時代/変事/三家/初恋/突風/幼君/密会/急流/遊蕩/絵島/将軍/吉宗/雌伏/胎動(以上、上巻)|白象/運命/慈忍/祭礼/革命/対立/自由/挑戦/巻狩/心中/出火/戸山/暗雲/破局/尾張(以上、下巻)

装幀:菊地信義
装画:「ちょうちょう踊図巻」(大阪市立博物館所蔵)
時代:正徳三(1713)年四月
舞台:名古屋、市ヶ谷、吉原、戸山ほか。
(幻冬舎・各1500円・97/11/19第1刷・上381P、下371P)
購入日:97/11/8
読破日:97/12/1

Amazon.co.jpで購入[文庫版あり]