入内遺聞

入内遺聞

(じゅだいいぶん)

嶋津義忠

(しまづよしただ)
[忍者]
★★★★

嶋津さんというと、伊賀忍者もので傑作が多いが、うかつにも、タイトルから、今回は徳川二代将軍秀忠の姫和子が後水尾帝に嫁ぐあたりの話で、伊賀忍者と関係がないと思っていた。

主人公の木地師の左ん平は、実は、十五年前に服部石見守正就に、柘植重兵衛(あの『半蔵の槍』などの主人公)らと反旗を翻した、伊賀同心組頭の上野左衛門という設定。柳生新陰流の遣い手で、土井利勝の家老の長男・菊池小太郎、神夢想林崎流の居合の達人で町方の神谷三十郎、藤堂藩の無足人(忍び)などが事件に絡む。嶋津ワールドが満喫できる一冊。

物語●木地師の左ん平は、二十歳まで育てた自慢の息子辰平を何者かに斬殺された。辰平は、京漆器の店〈京屋〉の勘七のもとで内弟子として塗師兼蒔絵師兼螺鈿師として働いていたが、嵯峨野へ至る嵯峨街道沿いの竹薮の中で死んでいるのみつかった。左ん平は、死骸の刀傷を目に刻み込み、復讐を誓った。辰平は、その直前、徳川二代将軍秀忠の娘和子(まさこ)が後水尾帝へ嫁ぐ際に納品する文箱の意匠を担当していた…。

目次■第一章/第二章/第三章/第四章/第五章/第六章/第七章/『影丸伝』から『ムジナ』

デザイン:奥村靫正
巻末コラム:木村行伸
解説:楠木誠一郎
時代:元和五年(1619)十一月
場所:中立売町上ル、撞木辻子、京都所司代、江戸城中奥、西陣、五条河原ほか
(小学館文庫・657円・02/01/01第1刷・349P)
購入日:03/09/28
読破日:03/10/15

Amazon.co.jpで購入