瑠璃の寺

瑠璃の寺瑠璃の寺
(るりのてら)
佐伯泰英
(さえきやすひで)
[伝奇]
★★★★☆

長崎出身の放浪の南蛮絵師・通吏辰次郎(とおりしんじろう)を主人公に据えた新感覚時代小説。スペインをテーマにした著作が多い、佐伯さんらしい、異国の香りのする作品だ。

抜け荷の罪で、罠にかけられ没落した長崎代官季次家(末次家)の再興を図るために、遺児を連れて江戸にやってきた辰次郎。彼を助けるのは、非人頭の車善七ら社会に虐げられた人たち。

かつての和製冒険小説によく見られる男臭くて無国籍的でセンチメンタルなヒーローが、時代小説に現われた感じで好ましい。

物語●何者かに仕掛けられた罠で没落した、親友の家の汚名を雪ぐために、江戸へやったきた放浪の南蛮画絵師・通吏辰次郎。親友とかつての恋人の間に生れた幼子を連れて、食べるところも寝るところもない状態だったが、非人頭車善七の危難を救ったことから、江戸での生活が始まる…。

目次■第一章 浅草溜め/第二章 南蛮絵師/第三章 暗闘/第四章 黒い絵/第五章 思慕の女/第六章 浅草瑠璃堂/終章 炎上

装画:小村雪岱「鳥辺山」(埼玉県立近代美術館所蔵)
装幀:芦澤泰偉
時代:享保四年
場所:浅草寺、日本堤、吉原、溜池、赤坂中ノ町、浅草今戸町ほか
(角川春樹事務所・1,600円・99/02/08第1刷・243P)
購入日:99/01/30
読破日:99/04/03

Amazon.co.jpで購入 [文庫あり=『悲愁の剣―長崎絵師通吏辰次郎』]