『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

髪結新三事件帳

髪結新三事件帳
髪結新三事件帳
(かみゆいしんざじけんちょう)
鳴海丈
(なるみたけし)
[剣豪]
★★★☆☆☆

河竹黙阿弥の歌舞伎狂言『曠小袖往昔八丈(はれこそでむかしはちじょう)』の通称として知られる「髪結新三(かみゆいしんざ)」とは、物語の上では関係はない。登場人物の名前を一部借用しているようではあるが…。

鳴海丈(じょうかと思っていたがたけしと読む)さんというと、エロチックでバイオレンス色の強い時代小説作家というイメージが強かった。気鋭の作家たちのコラボレーション『のきばしら』(PHP文庫)を読んで以来、その認識が変り今回、はじめて作品を読んだ。

無尽流抜刀術を極めた主人公の鷹見新三郎が、青年マンガ誌のヒーローみたいでカッコ良すぎるが、読後感はスッキリ。寛永期が舞台ということで、家光、大久保彦左衛門、春日局、柳生十兵衛など当時の有名人たちが登場するのもわかりやすい。

物語●三代将軍家光の弟・駿河大納言忠長の遺臣である鷹見新三郎は、主君の介錯をしたという過去を背負い、廻り髪結に身をやつして無頼の日々を送っていた。そんな中で、新三郎が髪を結った妾が斬殺されるという事件が起こった。おりしも、江戸の町では凶賊・六道組が荒らしまわっていた…。

目次■事件ノ一 三日月斬り|事件ノ二 牢人狩り|事件ノ三 闇からの刺客|事件ノ四 黒髪悲恋|事件ノ五 漢の背中|事件ノ六 大奥の牙|事件ノ七 剣の心|解説 縄田一男

カバーイラスト:笠井あゆみ
解説:縄田一男
時代:寛永十五年
場所:人形町、浅草橋、天王町、下寺通り、神田駿河台錦小路、氷川明神裏、品川、江戸城大奥ほか
(光文社文庫・514円・99/07/20第1刷・305P)
購入日:99/08/04
読破日:99/08/20

Amazon.co.jpで購入