将軍と木乃伊 江戸国学者・山崎美成


将軍と木乃伊―江戸国学者・山崎美成の謎解き帳
将軍と木乃伊 江戸国学者・山崎美成<
(しょうぐんとみいら・えどこくがくしゃ・やまざきよししげ)
永井義男
(ながいよしお)
[捕物]
★★★☆☆

『夜鷹殺し 闇の平仄(ひょうそく)』の漢学者・寺門静軒、『大江戸謎解き帳』(いずれも祥伝社刊)の蘭方医・長崎浩斎と、永井義男さんは、ユニークなキャラクターをもちながら、歴史に埋もれてしまった文化人を次々に発掘し、捕物の主人公に据えている。そして今回は、国学者・山崎美成(やまざきよししげ)を主人公にしている。

山崎美成は、童門冬二さんが描く上田秋成(『冬の火花』)のように、気位が高くて、皮肉屋で自己顕示欲が強い人物で、共感を持ちにくいタイプの主人公だ。捕物の探偵役としては、ちょっと無理があるかもしれないが、その人間像はなかなか興味深い。

物語●山崎美成らは、正月早々、隅田川のほとりの料理屋で、穢細工(きたなざいく)の料理比べを行った。ちゃんと食べられることが条件で、外見が汚ければ汚いほどよく、見ただけで胸が悪くなるような凝ったもので、最も汚いものが一等というもの。口が肥えた連中が行う、趣味の悪い遊びである。その穢細工の自慢料理に女の陰部が出てきた。あまりに猟奇的な趣向に座は白ける、仕掛けた張本人が誰もいないという…。
数日後の兎園会(滝沢馬琴の主催で、会員がそれぞれ奇事異聞を書いた記事を持ち寄り、みなに披露して回覧するというもので、月1回開催し、会場は会員宅を持ち回りとしていた)で、美成は、正月に大川で陰部をえぐり取られた若い娘の死体が浮かんでいたという話を聞いた…。

目次■第一章 江戸文化繚乱/第二章 天狗小僧登場/第三章 解けた謎

装画:百鬼丸
装幀:中原達治
地図作成:アドリックス
時代:文政八年(1825)一月
場所:下谷長者町一丁目、下谷広小路、神田明神下、本所富川町、下谷金杉ほか
(祥伝社・1,600円・99/09/10第1刷・291P)
購入日:99/08/31
読破日:99/09/18

Amazon.co.jpで購入

コメント

コメント