『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

虹の刺客 小説・伊達騒動 上・下

虹の刺客 小説・伊達騒動 上虹の刺客 小説・伊達騒動 上・下
(にじのしかく・じょうげ・しょうせつだてそうどう)
森村誠一
(もりむらせいいち)
[武家]
★★★★☆☆

歌舞伎の「伽羅先代萩」や『樅の木は残った』(山本周五郎著)でおなじみの伊達騒動。実はこの本ではじめて発端から結末まで全体像がよくわかった。収拾まで意外に長い年月がかかり、その間、激しい権力抗争があったのだなあという印象を持った。
現代的な筆致で壮大な権力抗争劇が描かれていて、スピード感をもって読むことができた。殺伐とした色になりがちな政争劇に、絵師畑虎之助とまいの愛情物語が虹色をそえている。森村さんの傑作『忠臣蔵』を再読してみたくなった。
巻頭に主な登場人物の紹介が記されているが、これはストーリーに関わる記述もあるので、興ざめにならないように、読後に整理のために読むことを勧める。

物語●伊達政宗を超える大器といわれた三代藩主綱宗は、奔放豪気な派手好みの性格で、吉原の薫に入れ揚げていた。老中酒井忠清は、伊達藩をリモートコントロールで操ることで、幕閣での権力強化を狙い、綱宗の叔父・伊達兵部宗勝は伊達藩乗っ取りを企み、姻戚関係を結んで、綱宗を隠居に追いこんだ…。

目次■序章/大廈の内分け/指名の真意/暗殺の黒幕/不気味な追い沙汰/分けぬ皮算用/檻の獣/墓穴の歌/走りだした馬/花の肥料/武士の一義/正義の死相/野獣の夢/仏衣の袖の花/花の刺客/昼行灯の光/老諫/遠謀の構図/真の敵/蓋女/美形の使途/毒の後遺/遺児の行方/助勢のおもわく/春の空の迷い凧/落橋の策/返し罠/仕掛けられた謀叛/生臭い前途/瀕死の密命/縛られた苦忠/天敵の目(以上上巻)|大老の影/ただ一枚の絵/中継された遺託/夢の変質/末恐ろしき結末/仕掛けられた検地/弱い旗/交替した主敵/正念場の正体/孫傘/忠衣を着た私憤/日付のない密約/飼い犬の裏切り/両刃の抹消/野心の乱心/新たなる死地/残された仕掛け/野心の犠牲/べつの命/権威ある定石/化け物の尻尾/血の源流/許さざる故郷/翳れる権勢/対決の時/流れの終末/新しい止め/権力の輪廻/青春の共有者/主な参考文献/『虹の刺客』執筆を終えて/巻末エッセイ(八尋舜右)(以上下巻)

カバー画・デザイン:熊谷博人
解説:八尋舜右
時代:万治元年(1658)
場所:大手御門下馬札前、吉原・京町一丁目、仙台藩浜屋敷、桜田、大井村、愛宕下、米沢、高野山、仙台ほか
(朝日文庫・各780円・99/11/01第1刷・上490P、下462P)
購入日:99/10/16
読破日:99/11/01

Amazon.co.jpで購入