『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

朱紋様

朱紋様朱紋様
(あけもよう)
皆川博子
(みながわひろこ)
[短編]
★★★☆☆☆

ミステリー『死の泉』でブレイクした観のある皆川さんの最新短篇集。

作者得意の歌舞伎役者、火消し、遊女などを描き、江戸の情念があふれる作品集。「朱紋様」では、習作時代の式亭三馬が登場するのも興味深い。

「恋すてふ」や「露とこたへて」、「木蓮寺|、「炎魔」、「仲秋に」などちょっと不思議で幻想的な短編も収められ、作者の別の特徴もいかんなく発揮されている。「恋すてふ」は、国枝史郎の『染吉の朱盆』の本歌取りである。

物語●「雨夜叉」鬘屋の友九郎は若い男客にゆすりをかけられた…。「影かくし」十一代目中村勘三郎は、都伝内と名乗る男の火事見舞いを受けた…。「炎魔」鶴屋南北を父にもつ重兵衛は、深川櫓下で女郎屋を開いた…。「朱紋様」おしのは、あこがれの纏持ちと祝言を挙げたが、纏持ちには血のつながらない妹がいた…。「雲母橋」お梅とお藤の姉妹は突っ込み人形で遊んでいた…。

目次■雨夜叉|影かくし|炎魔|朱紋様|雲母橋|恋すてふ|露とこたへて|木蓮寺|仲秋に|春情指人形|みぞれ橋

装画:鈴木春信「牛に乗る遊女」
装幀:阪田啓
時代:「雨夜叉」文化元年。「影かくし」寛政五年。「朱紋様」文化二年。
場所:「雨夜叉」葺屋町。「影かくし」八名川町。「炎魔」深川櫓下。「朱紋様」神田白壁町。
(朝日新聞社・1,700円・98/12/01第1刷・277P)
購入日:98/11/17
読破日:99/02/11

Amazon.co.jpで購入