柳生魔斬刀

[amazon_image id=”4094080198″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]柳生魔斬刀 (小学館文庫)[/amazon_image]
柳生魔斬刀

(やぎゅうまざんとう)

近衛龍春

(このえたつはる)
[伝奇]
★★★☆☆☆

平成の『魔界転生』ついに誕生!というキャッチに惹かれ、Get! 柳生宗矩が主人公の伝奇時代小説。

柳生宗矩という、怜悧な野心家で、体制的なイメージで描かれることが多いせいか、なかなか共感をもちにくいキャラクターだ。この作品は、若き日の柳生宗矩を主人公としていることもあり、家族や家臣への愛情や、剣法にかける思いが垣間見えて面白い。

天下無双の鑓の遣い手、宝蔵院胤栄や居合いの林崎甚助重信などの剣法者も登場し、チャンバラ好きにもたまらないところ。柳生新陰流の印可を父・石舟斎から授けられなかった(武芸面でやや劣ると見られている)宗矩が、天下最強の魔敵に挑むために、柳生家秘伝の“魔斬刀”を武器に立ち向かうシーンがいい。

出雲の阿国、絵師狩野光信、名医秦宗巴、曲直世正紹(二代目道三)ら同時代の人物が次々と宗矩と関わってくるのが、山田風太郎さんの伝奇小説を彷彿させて楽しい。

物語●徳川家の兵法指南役・柳生又右衛門宗矩は、堺の徳川屋敷で、従者の九蔵とともに、赤い彗星(箒星)を見た。箒星が現れると、世が乱れるといわれる。折りしも、徳川家は豊臣家と秀吉恩顧の大名との切り離しを行い、あるいは取り潰しなど、徳川政権を確立させるための画策をあらゆる方面から実施している最中であった。
彗星が通過した翌日、宗矩は、親友である沢庵宗彭禅師と会った。「箒星は貴殿ら侍の欲を写す鏡とともに、欲を満たそうとさせる病を振り撒いているかもしれぬ。とりわけ侍はかかりやすい病だ。気をつけるがよかろう」と忠告される。やがて、宗矩は、謎の連続惨殺事件に巻き込まれるようになる…。

目次■第一章 蒼魔落下/第二章 魔物探索/第三章 蒼魔一閃/第四章 妖舞誘惑/第五章 蒼魔残像/第六章 甲賀魔散/第七章 電撃剛刀/第八章 魔鬼繚乱

カバーイラスト:西口司郎
カバーデザイン:多田和博
編集協力:長谷川和人
時代:慶長十二年九月(関ヶ原合戦から七年後)
場所:堺、奈良、宝蔵院、京・豊光寺、上京、梅小路村、甲賀、江戸城、下京、柳生城、駿府ほか
(小学館文庫・638円・03/11/01第1刷・349P)
購入日:03/11/05
読破日:03/12/19

Amazon.co.jpで購入