『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

暴れ影法師

暴れ影法師暴れ影法師
(あばれかげぼうし)
花家圭太郎
(はなやけいたろう)
[武家]
★★★☆☆☆

ご贔屓の作家の新作を読むのもいいですが、新人作家や未読の作家の作品を読むのも作者の手の内が読めず、次はどういう手を使うか考えながら読めて面白いものだ。

ホラ吹きというと、「まんがら茂平次」(北原亞以子・新潮文庫)を思い出すが、本書の主人公・戸沢小十郎も凄い。ホラ吹きというよりは、大風呂敷きを広げ、それを実際に実現してしまう有言実行の男である。微塵流の遣い手で、柳生宗矩の無刀取りを破るアホウドリの技を使う。父は、羽州角館藩主・戸沢政盛一族の末につながる囲碁の指南役だったという。

同時代ということで、本多正純や大久保彦左衛門なども登場する。

物語●元和年間、徳川幕藩体制の礎つくりへ向けて、外様大名を中心に改易の嵐が吹き荒れた。そんななかで、改易の危機が秋田・佐竹藩にも迫った…。
この危機を救えるのは、有言実行の男・戸沢小十郎しかいない。小十郎は、救国の天才か大ホラ吹き男か。武器は舌先三寸、最大のピンチを最大のチャンスに変えられるのか…。

目次■第一章 密使/第二章 密命/第三章 出立/第四章 再会/第五章 江戸馳走/第六章 両仕掛け/第七章 江戸有情/第八章 機略縦横/第九章 最上奔流/第十章 羽州杉峠

>装画:川名京
装丁:岡邦彦
時代:元和三年(1617)9月
舞台:秋田・久保田城、院内杉峠、大伝馬町、駿河台、山形城、真室城。
(集英社・1900円・1998/03/30第1刷・347P)
購入日:98/03/27
読破日:98/04/11

Amazon.co.jpで購入[文庫版あり=『暴れ影法師―花の小十郎見参』]