『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

太閤の城

太閤の城太閤の城
(たいこうのしろ)
安部龍太郎
(あべりゅうたろう)
[戦国]
★★★★☆

あまりないことですが、この作品については、単行本と文庫本の両方を購入した。『黄金海流』を読んで以来、作者のファンで、2年ほど前に単行本を購入していたのだが、家の中で紛失してしまい、つい最近、文庫本が出たのを機会に読み始めた。すると、不思議なことになくした筈の単行本が見つかった。もったいないので前半は文庫で、後半は単行本でという具合に読み進めた。

文庫本にあって単行本にないものに「解説」があるが、単行本の方には、「作者のあとがき」がついていた。それによると、「秀頼と慶長年間の大坂の本当の姿をどのようなものであったのか?」を描いてみたいということだった。

本書では、秀頼=暗愚、秀忠=狡猾という、固定観念を打ち破り作品を面白くしている。その他にも信長の二人の弟、織田老犬斎信包や織田有楽斎長益が重要な役割を演じている。

物語●実の父である徳川家康に毒殺された悲劇の猛将結城秀康。その落胤にして、必殺の富田(とだ)流残月剣の遣い手結城虎之介が、家康の陰謀と刺客に敢然と立ち向かう!――己れのすべてを賭けて幕府の圧迫に対抗する豊臣秀頼。そんな秀頼を守り、父の仇家康を討つべくひたすら剣の道を突き進む虎之介。慶長年間の活気あふれる大坂を舞台に、二人の生き様を迫真の筆致で描いた著者渾身の痛快歴史長編。

ドラマ化するならこの配役:結城虎之介(高橋克典)、豊臣秀頼(松岡昌広)、淀君(十朱幸代)、加苗(水野美紀)、流沙(江角マキ子)、眠りの藤兵衛(橋爪功)、織田老犬斎信包(長門裕之)、織田有楽斎長益(津川雅彦)、徳川家康(米倉斉加年)、大野修理治長(風間杜夫)、小出播磨守吉政(益岡徹)、薄田隼人(赤井秀和)

[単行本]
装画:百鬼丸
装幀:神長文夫

[文庫本]
装画:横田務
装幀:多田和博
解説:島内景二

時代:慶長十六年(1611)四月
(PHP研究所・単行本1600円、文庫本640円・単行本1994/12/23、文庫本1996/11/15)
購入日:単行本1995/01/15、文庫本1997/03/14
読破日:1997/03/20

Amazon.co.jpで購入 [PHP文庫版『太閤の城―結城虎之介・残月剣』] [Kindle版]