2015年時代小説ベスト10 単行本部門

この時代小説がすごい! 2016年版『この時代小説がすごい! 2016年版』に掲載された「私のベスト6」に、7位~10位を追加したもので、これが2015年の「時代小説SHOW」が選んだ時代小説ベスト10【単行本部門】です。

対象は、奥付表記が2014年10月1日から2015年9月30日発行の時代小説作品(シリーズ)で、単行本で刊行された作品になります。

順位タイトル著者出版社
1位狗賓童子の島狗賓童子(ぐひんどうじ)の島飯嶋和一小学館
幕末の隠岐を舞台に流人と村人を描く大長編。高い物語性と緻密な人間描写で、読書の醍醐味を堪能しました。
2位武士の碑武士の碑伊東潤PHP研究所
薩摩藩士村田新八を主人公に西南戦争を真正面から取り上げた明治小説。センチメンタリズムに心揺すぶられました。
3位起返り記 宝永富士山大噴火起返り記 宝永富士山大噴火嶋津義忠PHP研究所
富士山噴火のリアリティと災害から再起する人々の姿が感動的。昨年の御嶽山噴火の災害を想起させられて涙がこぼれました。
4位志士の峠志士の峠植松三十里中央公論新社
明治維新の魁として散った、中山忠光と天誅組に光を当てています。
5位鬼船の城塞鬼船の城塞鳴神響一角川春樹事務所
小笠原諸島を守った海賊たちの物語。久々に海洋小説が楽しめました。
6位甲州赤鬼伝甲州赤鬼伝霧島兵庫学研パブリッシング
武田軍の赤備えの後日談を描かれて面白かったです。
7位天下 家康伝(上)天下 家康伝(上)(下)火坂雅志日本経済新聞出版社
戦国を終わらせ、平和な日本を築く、新しい家康像を描いた、作者の遺作。『左近(上・下)』(PHP研究所)とともに2015年、忘れられない作品になりました。
8位冬を待つ城冬を待つ城安部龍太郎新潮社
壮大なスケールで「九戸政実の乱」を描いた、骨太の戦国時代小説。
9位若冲若冲澤田瞳子文藝春秋
鮮やかな色彩と精緻な描写で見る者を圧倒する、奇想の画人伊藤若冲の半生を新解釈で描いた芸道小説の傑作。
10位宇喜多の捨て嫁宇喜多の捨て嫁木下昌輝文藝春秋
宇喜多直家をめぐる6編の連作小説で綴られる、戦国の梟雄ぶりが浮かび上がってきて、「すごい」です。

→2015年時代小説ベスト10 文庫書き下ろし部門を見る