『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

「2021年3月下旬の新刊(文庫)」をアップ

『さらさら鰹茶漬け 居酒屋ぜんや』|坂井希久子|時代小説文庫

さらさら鰹茶漬け 居酒屋ぜんや2021年3月21日から3月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年3月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回は、坂井希久子さんの文庫書き下ろし時代小説、『さらさら鰹茶漬け 居酒屋ぜんや』(時代小説文庫)を取り上げてみました。

夏の暑い盛り、往来を歩いていた只次郎は、いきなり倒れた少女を介抱した。
少女の名は、お花。瘦せた体と歳に似あわぬ拙い言葉に、只次郎は虐待を疑うが……。
少女を救うため、奔走する只次郎。一方、結ばれたはずのお妙との仲は、どこかぎこちなくて!?
やがて、ついにお妙の両親と良人を殺した黒幕と対峙することに……!
只次郎とお妙は過去と今の苦難を乗り越え、幸せを摑むことはできるのか。
温かい林檎煮、納豆、赤鱏の刺身に、心温まる鰹茶漬け。
彩り豊かな料理が心を救う、傑作人情時代小説、最終巻!

(『さらさら鰹茶漬け 居酒屋ぜんや(時代小説文庫)』Amazonの内容紹介より)

小禄旗本の次男坊・林只次郎が客として通う、別嬪女将・お妙のいる居酒屋「ぜんや」を舞台に、彩り豊かな江戸の料理が楽しめる、人情時代小説シリーズの第10巻にして、最終巻となります。

著者は、2008年に「虫のいどころ」で第88回オール讀物新人賞を受賞し、2017年に『ほかほか蕗ご飯居酒屋ぜんや』で第6回歴史時代作家クラブ賞新人賞を受賞されています。

現代小説での活躍のほか、近年は本シリーズをはじめとして時代小説も精力的に執筆をされています。

気鋭の作家たちの競演が楽しめる、『アンソロジーしずおか 戦国の城』では、曳馬城で奮戦するお田鶴の方を描いた「紅椿」が印象に残っています。

ずっと気になる存在ながら、当サイトでなかなか取り上げる機会がなかった作家の一人。遅ればせながら、第1巻からシリーズ全巻を楽しみたいと思います。

文庫●2021年3月下旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2021年3月下旬の新刊(21日→月末) 2021年3月21日から3月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →新...

■Amazon.co.jp
『さらさら鰹茶漬け 居酒屋ぜんや』(坂井希久子・時代小説文庫)(第10巻)
『ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや』(坂井希久子・時代小説文庫)(第1巻)
『アンソロジーしずおか 戦国の城』(芦辺拓・永井紗耶子・谷津矢車・坂井希久子・杉山大二郎・蒲原二郎・彩戸ゆめ・鈴木英治・早見俊・秋山香乃・静岡新聞社)

坂井希久子|時代小説ガイド
坂井希久子|さかいきくこ|作家 1977年、和歌山県生まれ。同志社女子大学学芸学部日本語日本文学科卒業。 2008年、「虫のいどころ」で第88回オール讀物新人賞を受賞。 2017年、『ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや』で第6回歴史時代作...