来年の大河ドラマ「真田丸」を先取りして楽しむために、「幸村」小説

幸村嶋津義忠さんの、『幸村』がPHP文芸文庫から刊行されました。2016年大河ドラマ「真田丸」で注目される、戦国武将・真田幸村を主人公にした歴史時代小説です。

真田幸村は、父・昌幸と練り上げた必殺の陣形を胸に秘めていた。来るべき戦いに向け、長宗我部元親、塙団右衛門、明石全登らを味方に引き入れる。さらに佐助、才蔵らの真田忍びを加えて、家康を相手に“最後の戦い”に挑む……。

先日、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の主要キャストが発表されて、期待感が高まっています。
→平成28年度 大河ドラマ「真田丸」出演者発表!

三谷幸喜さんのオリジナル脚本も気になりますが、真田昌幸役の草刈正雄さんが楽しみです。草刈さんと言えば、1985年に放送されたNHK水曜時代劇「真田太平記」で、真田幸村を演じていました。

「真田太平記」は、池波正太郎さんの大河小説を原作にし、金子成人さんが脚本を担当されていました。(ぜひ、再放送してもらいたい作品の一つです。)

『幸村』は、閉居先の紀州・九度山を抜け出し、大坂城入りをする幸村。真田丸の激闘、そして大坂夏の陣へ、その鮮烈な戦いぶりを描いた歴史ロマン。忍者小説でデビューした嶋津さんらしく、猿飛佐助、霧隠才蔵ら真田忍びの活躍ぶりも楽しみな一冊です。

新刊情報 時代小説
時代小説SHOW