2015-06

★時代小説

西郷・大久保の後継者と目された村田新八を主人公に西南戦争を描く長編小説

伊東潤さんの『武士の碑(いしぶみ)』がPHP研究所より刊行されました。薩摩武士、村田新八を主人公に西南戦争を真正面から描いた長編小説です。 岩倉使節団の一員として渡欧していた村田新八は、西郷隆盛が下野したとの報に接して、フランスから帰...
★時代小説

江戸妖怪小説の新星、現る!三味線をかき鳴らして魔物退治。

仲野ワタリさんの『ざしきわらわら 猫手長屋事件簿』(白泉社招き猫文庫)は、ぐうたら大家と祓い猫が江戸の魔物退治を退治するシリーズ第2作です。 代三郎は、仕事もせずに一日中好きな三味線ばかり弾いているぐうたらな大家。しかし、その一方で、...
資料館・美術館

長岡の「河井継之助記念館」にて

先週末に、新潟県長岡市にある、河井継之助記念館へ行ってきました。 河井継之助(かわいつぎのすけ。長岡では「つぐのすけ」ではなく「つぎのすけ」)と呼びます)は、幕末の越後長岡藩を率いた藩の重臣で軍事総督。司馬遼太郎さんの『峠』の主人公と...
★時代小説

澤田瞳子さんの『若冲』と門井慶喜さんの『東京帝大叡古教授』が第153回直木賞候補に

第153回直木三十五賞(日本文学振興会主催)の候補作が決定しました、時代小説では、澤田瞳子(さわだとうこ)さんの『若冲(じゃくちゅう)』(文藝春秋)をはじめ6作品が候補作に選ばれました。 緻密すぎる構図や大胆な題材、新たな手法で周囲を...
★時代小説

『文蔵 2015.7』は、待望の「幕末・明治小説」特集

『文蔵 2015.7』(PHP研究所・PHP文芸文庫)は、勤王、佐幕、女性、新時代…… 「幕末・明治小説」の新潮流。 インタビューは、新刊『武士の碑』で西南戦争を取り上げた伊東潤さんと、新選組の鬼の副長を描く『土方歳三』を出した富樫倫...