文庫●2021年5月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2021年5月中旬の新刊(11日→20日)

2021年5月11日から5月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今月は、PHP文芸文庫の新刊に注目しています。

あさのあつこさんの『火花散る おいち不思議がたり』
菖蒲長屋で赤子を産み落とし、消えた女。菖蒲長屋で医師の父の手伝いをする娘おいちは、女を捜します……。『おいち不思議がたり』、『桜舞う』、『闇に咲く』に続くシリーズ第4弾。

玉岡かおるさんの『姫君の賦 千姫流流』
徳川家康の孫で、二代将軍・秀忠の娘、千姫。天下の泰平のため、幼くして大坂の豊臣秀頼のもとへ嫁ぐが……。動乱の時代における“姫”という存在の悲哀を、千姫の波瀾の生涯を通して描く長編小説。

光文社文庫の新刊も楽しみです。

知野みさきさんの『しのぶ彼岸花  上絵師律の似面絵帖』
葉茶屋・青陽堂の若女将の務めと上絵師の仕事の両立に励む律は、懐妊の兆しに気づきます。喜びと不安に揺れる律に着物の仕事が……。シリーズ第7弾。

岡本さとるさんの『相弟子 若鷹武芸帖』
滅びゆく武芸の流派を調べる公儀武芸帖編纂所。編纂方の水軒三右衛門は、かつての相弟子・和平剣造から、行方のわからない娘のことを託されました。探し回ったところ、娘は小太刀の遣い手といて剣術道場主になっていました……。シリーズ第8弾。

双葉文庫からは、坂岡真さんの『はぐれ又兵衛例繰控【三】-目白鮫』が出ます。
又兵衛の妻静香の前夫は火盗改の長官の息子でした。前夫の差し金とおぼしき嫌がらせが続いたことを気に病んだ静香は、屋敷から姿を消してしまいます。怒りに月代朱に染めて、許せぬ悪を影裁きをする又兵衛を描く、シリーズ第3弾。

講談社文庫の新刊も強力なラインナップです。

砂原浩太朗さんの『いのちがけ 加賀百万石の礎』
命を懸けて武士の本分を貫き、百万石の礎を築いた男、前田利家の忠臣・村井長頼を描いた長編小説。『高瀬庄左衛門御留書』で話題の著者のデビュー作です。

輪渡颯介さんの『呪い禍 古道具屋 皆塵堂』
やむを得ない事情から料理屋を辞めることになってしまい、途方に暮れていた麻四郎は、皆塵堂で働くことになりました。だがその晩、麻四郎がふと目を覚ますと、その日店で引き取った壺の口から人の手が出てきていて……。人気シリーズの3年ぶり新刊。

赤神諒さんの『大友落月記』
デビュー作『『大友二階崩れ』のその後を描いた新作。「二階崩れの変」から6年、西の大国・大友家でまたお家騒動が起こりました。家中で次々に起こる謀略、そして裏切り。大友サーガ第2弾

浅田次郎さんの『天子蒙塵 1』『天子蒙塵 2』
紫禁城を追われた最後の皇帝(ラストエンペラー)は、日本の庇護下に。溥儀は「満洲国」にてふたたび皇帝に即位する希望を抱いて天津を脱出し、新しい都へと向かうが……。「蒼穹の昴」シリーズ第五部、開幕。

野口卓さんの『寝乱れ姿 めおと相談屋奮闘記』集英社文庫から刊行されます。
子どもたちのいない日の将棋会所で、ご隠居の甚兵衛が客たちに語ったのは、意外にも艶っぽい話で……。信吾と波乃の夫婦が営む将棋会所兼相談屋で繰り広げられる、痛快・軽快、青春時代小説シリーズ第4弾。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●5月11日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『剣豪商売【二】 始末屋十兵衛』中岡潤一郎『剣豪商売【二】 始末屋十兵衛』
『江戸っ子出世侍 官位拝受』早瀬詠一郎『江戸っ子出世侍 官位拝受』
『人情めし江戸屋 剣豪同心と鬼与力』倉阪鬼一郎『人情めし江戸屋 剣豪同心と鬼与力』
『乱愛十手 淫闘! 拝領品探索』鳴海丈『乱愛十手 淫闘! 拝領品探索』
●5月12日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『火花散る おいち不思議がたり』
→記事:女はなぜ赤子を残して消えたのか。医者見習おいちが謎を追う
あさのあつこ『火花散る おいち不思議がたり』
『後宮の月は、南天に舞う 臥龍城の奸臣』柏てん『後宮の月は、南天に舞う 臥龍城の奸臣』
『姫君の賦 千姫流流』玉岡かおる『姫君の賦 千姫流流』
●5月12日発売 光文社・光文社文庫
『しのぶ彼岸花  上絵師律の似面絵帖』知野みさき『しのぶ彼岸花  上絵師律の似面絵帖』
『相弟子 若鷹武芸帖』岡本さとる『相弟子 若鷹武芸帖』
『夜鳴き蝉 父子十手捕物日記』鈴木英治『夜鳴き蝉 父子十手捕物日記』
『旅立ちの虹 はたご雪月花』有馬美季子『旅立ちの虹 はたご雪月花』
『狼の牙 八丁堀つむじ風(十二)』和久田正明『狼の牙 八丁堀つむじ風(十二)』
●5月12日発売 大和書房・だいわ文庫
『論語と老子の言葉~「うまくいかない」を抜け出す2つの思考法』田口佳史『論語と老子の言葉~「うまくいかない」を抜け出す2つの思考法』
●5月12日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『古事談 上』源顕兼編、伊東玉美校訂・訳『古事談 上』
『古事談 下』源顕兼編、伊東玉美校訂・訳『古事談 下』
『宋詩選』小川環樹編訳『宋詩選』
●5月13日発売 講談社・講談社学術文庫
『中国の歴史11 巨龍の胎動 毛沢東vs.鄧小平』天児慧『中国の歴史11 巨龍の胎動 毛沢東vs.鄧小平』
『日本の地名 付・日本地名小辞典』鏡味完二『日本の地名 付・日本地名小辞典』
『和の文様辞典 きもの模様の歴史』石崎忠司著、石崎功編『和の文様辞典 きもの模様の歴史』
●5月13日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『追討 介錯人・父子斬日譚』鳥羽亮『追討 介錯人・父子斬日譚』
●5月13日発売 双葉社・双葉文庫
『はぐれ又兵衛例繰控【三】-目白鮫』
→記事:妻に嫌がらせする前夫は火盗改長官の嫡男。又兵衛は怒り心頭
坂岡真『はぐれ又兵衛例繰控【三】-目白鮫』
『鬼人幻燈抄(1)-葛野編 水泡の日々』中西モトオ『鬼人幻燈抄(1)-葛野編 水泡の日々』
『若さま同心 徳川竜之助【四】-陽炎の刃〈新装版〉』風野真知雄『若さま同心 徳川竜之助【四】-陽炎の刃〈新装版〉』
『新・浪人若さま 新見左近 : 7 宴の代償』佐々木裕一『新・浪人若さま 新見左近 : 7 宴の代償』
●5月13日発売 徳間書店・徳間文庫
『ぜえろく武士道覚書 一閃なり上』門田泰明『ぜえろく武士道覚書 一閃なり上』
『ぜえろく武士道覚書 一閃なり中』門田泰明『ぜえろく武士道覚書 一閃なり中』
『ぜえろく武士道覚書 一閃なり下』門田泰明『ぜえろく武士道覚書 一閃なり下』
『三楽の犬』佐藤恵秋『三楽の犬』
●5月14日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『日雇い浪人生活録(十一) 金の徒労』上田秀人『日雇い浪人生活録(十一) 金の徒労』
●5月14日発売 講談社・講談社文庫
『Cocoon4 宿縁の大樹』夏原エヰジ『Cocoon4 宿縁の大樹』
『いのちがけ 加賀百万石の礎』
→記事:「2021年5月中旬の新刊(文庫)」をアップ
砂原浩太朗『いのちがけ 加賀百万石の礎』
『うちの旦那が甘ちゃんで10』神楽坂淳『うちの旦那が甘ちゃんで10』
『マンガ 孔子の思想』蔡志忠著、和田武司訳『マンガ 孔子の思想』
『呪い禍 古道具屋 皆塵堂』輪渡颯介『呪い禍 古道具屋 皆塵堂』
『大友落月記』赤神諒『大友落月記』
『天子蒙塵 1』浅田次郎『天子蒙塵 1』
『天子蒙塵 2』浅田次郎『天子蒙塵 2』
『劉裕 豪剣の皇帝』小前亮『劉裕 豪剣の皇帝』
●5月18日発売 早川書房・ハヤカワ文庫JA
『豊臣探偵奇譚』
→記事:豊臣の血筋の運命に抗いながらも、秀保少年は怪異の謎を推理
獅子宮敏彦『豊臣探偵奇譚』
●5月20日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2021.6』
→記事:『文蔵2021.6』特集は、真山仁――作品の魅力と軌跡
「文蔵」編集部編集『文蔵2021.6』
●5月20日発売 集英社・集英社文庫
『囚人服のメロスたち 関東大震災と二十四時間の解放』坂本敏夫『囚人服のメロスたち 関東大震災と二十四時間の解放』
『寝乱れ姿 めおと相談屋奮闘記』野口卓『寝乱れ姿 めおと相談屋奮闘記』

↑ 新刊情報Topへ← 2021年5月の新刊 上(1日→10日)2021年5月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2021年5月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2021年5月の新刊(1日→末日) 2021年5月1日から5月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...