スポンサーリンク

植松三十里|時代小説リスト

[う] 植松三十里|うえまつみどり|時代小説・作家

静岡市出身。東京女子大学史学科卒。出版社勤務など経て、作家デビュー。
2002年、「まれびと奇談」で第9回「九州さが大衆文学賞」佳作入選。
2003年、『桑港にて』で第27回歴史文学賞受賞。
2009年、『群青』で第28回新田次郎文学賞受賞。『彫残二人』(文庫刊行時に『命の版木』に改題)で第15回中山義秀文学賞受賞。

■時代小説SHOW 投稿記事

観光業にエール。別府温泉を日本一にした油屋熊八の感動物語
『万事オーライ 別府温泉を日本一にした男』|植松三十里|PHP研究所 植松三十里さんの長編小説、『万事オーライ 別府温泉を日本一にした男』(PHP研究所)をご恵贈いただきました。 本書の主人公・油屋熊八(あぶらやくまはち)は、明治維...
未曾有の国難に直面した最後の将軍を描く、新解釈の歴史小説
『徳川最後の将軍 慶喜の本心』|植松三十里|集英社文庫 植松三十里(うえまつみどり)さんの文庫書き下ろし歴史小説、『徳川最後の将軍 慶喜の本心』(集英社文庫)をご恵贈いただきました。 心情的に佐幕派のせいか、これまで徳川慶喜という人...
明治維新の礎を作った、名君・鍋島直正の見事な生涯を描く
『かちがらす 幕末の肥前佐賀』 植松三十里(うえまつみどり)さんの長編歴史小説、『かちがらす 幕末の肥前佐賀』(小学館文庫)をご恵贈いただきました。 幕末の肥前佐賀藩の藩主鍋島直正(閑叟)は、十一代将軍家斉の娘・お盛を正室にし、薩摩...
日本のソーセージの父、レイモンを支えた日本人妻の物語
植松三十里さんの文庫書き下ろし長編小説、『レイモンさん 函館ソーセージマイスター』(集英社文庫)を紹介します。 2004年に、プロ野球の日本ハムファイターズが北海道日本ハムファイターズに球団名を変えて、本拠地を札幌ドームに移しました。...
健康で平和な暮らしを。ソーセージ作りに奮闘した夫婦の物語
植松三十里さんの文庫書き下ろし長編小説、『レイモンさん 函館ソーセージマイスター』(集英社文庫)を献本いただきました。 本書は、大正末期の函館で、本場のソーセージ作りに奮闘した、ドイツ人マイスター、カール・ヴァイデル・レイモンと日本人...
女子教育の先駆けとなった津田梅子と津田仙の生涯
『梅と水仙』|植松三十里 植松三十里(うえまつみどり)さんの長編小説、『梅と水仙』(PHP研究所)を紹介します。 本書は、新五千円札の肖像に決まり注目される、津田塾大学の創設者津田梅子とその父・仙の波瀾万丈の生涯を描いた歴史時代...
新五千円札で話題。女子教育の先駆け、津田梅子の波瀾の生涯
植松三十里(うえまつみどり)さんの長編時代小説、『梅と水仙』(PHP研究所)を献本いただきました。 2024年(令和六年)発行予定の新五千円紙幣に肖像が用いられることが発表されて、注目される津田梅子。津田塾大学の創立者として、女子教育...
勝海舟夫婦の波瀾万丈の生涯を、妻の視点から描く新シリーズ
植松三十里(うえまつみどり)さんの文庫書き下ろし時代小説、『おたみ海舟 恋仲』(小学館文庫)を入手しました。 本書は、妻のおたみの視点から、勝海舟夫婦の波瀾万丈の生涯を描く、文庫書き下ろしシリーズの第1作です。 辰巳芸者のおたみ...
空と湖水 夭折の画家 三橋節子
時代小説の名手が描く、昭和四十年代を駆け抜けた女性画家 文藝春秋から刊行された、植松三十里さんの長編小説、『空と湖水 夭折の画家 三橋節子』を紹介します。 本書は、昭和五十年(1975年)二月、三十五歳の若さで亡くなった伝説の女性画...
信義を貫き、幕末を誇り高くも愚直に駆け抜けた、松平容保
植松三十里(うえまつみどり)さんの文庫書き下ろし時代小説、『会津の義 幕末の藩主松平容保』(集英社文庫)を入手しました。本書は、幕末から明治維新の激動期を駆け抜けた、会津藩の最後の藩主松平容保(まつだいらかたもり)の半生を描いた歴史小説...
帝国ホテルライト館建設をめぐる、熱き人々の物語
植松三十里(うえまつみどり)さんの長編小説、『帝国ホテル建築物語』(PHP研究所)を入手しました。 本書は、世界的建築家、フランク・ロイド・ライトが設計し、大正時代を代表する建築物帝国ホテル2代目本館(通称「ライト館」)の完成までの十...
「2019年3月の新刊 上」をアップ
2019年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年3月の新刊 上」を掲載しました。 文春文庫から刊行される、植松三十里さんの『繭と絆 富岡製糸場ものがたり』を取り上げてみたいと思います。 ...

『大和維新』|奈良県独立を目指して、明治政府と闘った男の秘話 2018年10月23日
『大正の后 昭和への激動』|大正天皇を支え、平和を希求した貞明皇后の波乱の生涯 2018年10月7日
外国との技術戦争に挑んだ、佐賀藩主鍋島直正を描く|『かちがらす 幕末を読みきった男』 2018年4月22日
白虎隊で生き残り、明治を誇り高く生きた飯沼貞吉の人生|『ひとり白虎 会津から長州へ』 2018年3月18日
維新の先駆け、中山忠光と天誅組の四十日間の光跡を描く|『志士の峠』 2018年1月21日
千の命を助けた、江戸の産科医賀川玄悦の生涯を描く傑作|『千の命』 2017年9月17日
知られざる朝鮮通信使の世界を描く、笑いのち涙の傑作|『千両絵図さわぎ』 2017年5月28日
帝都叛乱!二・二六事件にかかわった五人の物語|『雪つもりし朝 二・二六の人々』 2017年2月4日
戦国を生き抜いた姫君たちを描く傑作アンソロジー|『女城主 戦国時代小説傑作選』 2016年9月19日
戦いなき世を願い、天下人家康を育てた母の波瀾の生涯|『家康の母お大』 2016年8月23日
山あり谷ありの文豪・夏目漱石一家のホームドラマ|『猫と漱石と悪妻』 2016年8月22日
「2016年8月の新刊 中」をアップ|『猫と漱石と悪妻』 2016年8月11日
西郷隆盛を生涯愛した“島妻”愛加那の物語|『愛加那と西郷』 2016年6月7日
一度も真剣を抜かない、並外れた剣豪・斎藤弥九郎の波瀾万丈の物語|『不抜の剣』 2016年5月29日
父のため、国のため世界に通用する生糸を。富岡製糸場誕生秘話|『繭と絆 富岡製糸場ものがたり』 2015年9月8日
戦争終結に奔走し、降伏文書調印を行った重光葵の知られざる物語|『調印の階段 不屈の外交・重光葵』 2015年8月16日
維新には早過ぎた「天誅組」の激闘を描く、植松三十里さんの歴史時代小説|『志士の峠』 2015年4月26日
植松三十里さんの昭和時代小説『調印の階段』に感涙 2012年8月30日

■時代小説ブックガイド 読書リスト
『志士の峠』(中央公論新社) [幕末] ★★★★☆☆
『大奥延命院醜聞 美僧の寺』(集英社・集英社文庫) [武家] ★★★★☆
『調印の階段』(PHP研究所) [昭和] ★★★★☆☆☆
『千姫 おんなの城』(PHP研究所・PHP文芸文庫) [戦国] ★★★★☆
『燃えたぎる石』(角川書店・角川文庫) [幕末] ★★★★☆
『江戸町奉行所吟味控 半鐘』(双葉社・双葉文庫) [捕物] ★★★★☆☆
『江戸町奉行所吟味控 比翼塚』(双葉社・双葉文庫) [捕物] ★★★★☆

■著者のホームページ
歴史時代小説家植松三十里の公式サイト「松の間」
松の間の床の間

時代小説作家リストへ戻る