独眼龍柔肌剣 用心棒・新免小次郎

独眼龍柔肌剣 用心棒・新免小次郎独眼龍柔肌剣 用心棒・新免小次郎
(どくがんりゅうやわはだけん・ようじんぼう・しんめんこじろう)
えとう乱星
(えとうらんせい)
[伝奇]
★★★★

『素浪人斬艶剣』『女忍往生剣』『妖女渡海剣』に続く、「用心棒・新免小次郎」シリーズ第4弾。相変わらずエロい表紙で、家族に代わりに買ってもらうことができず、アマゾンで買う。前作で目を患った二刀流の用心棒・新免小次郎が柳生連合忍軍相手にどのような活躍ぶりを見せるか期待。

前作『妖女渡海剣』で、鄭成功の用心棒として海を渡った際に、爆発に巻き込まれて失明した小次郎。今回の最大の見所は、眼を患った小次郎がいかにして剣を使って、柳生忍軍と闘うかである。目が見えないハンディを克服し、敵を退けることにより、宮本武蔵の最後の弟子である小次郎の剣が進化を遂げるのか。そのチャンバラシーンは注目したいところ。

今回は、兄弟弟子の寺尾求馬助(てらおくまのすけ)、松代藩主真田信之や伊達藩の忍び・黒脛巾組(くろはばきぐみ)の束ね・六右衛門(実は国際的なあの人物)に加えて、諏訪の御前と呼ぶ謎の大物も加わり楽しさ倍増。昨年夏に訪れた松代がたっぷり描かれていて興味深かった。

そして久々に江戸に戻った小次郎を迎えたものは、…。次回作への期待感がますます高まるところ。

隆慶一郎さんの作品を想起させる、神君御写経というのが面白い。

物語●新免小次郎は、眼を患い、肥後熊本の城下町の外れの小さいな庵で暮らしていた。眼の見えない小次郎の世話は背中に龍の刺青をした美しい謎の娘、吹雪がしていた。小次郎の庵に、海賊の棟梁、五郎八がやってきた。五郎八は、清国から琉球、薩摩という道筋で小次郎の目薬を運ぶように手配してきたのだった。その帰路、五郎八は、数人の柿色の装束を用いた忍びに襲われ、命を落とした…。

目次■第一章 累卵の危機/第二章 神君御写経/第三章 異なる夢/第四章 夢の終わり

カバーイラスト:武田英希
カバーデザイン:妹尾浩也
時代:明記されず。慶安四年(1651)頃?家光没年
場所:肥後江津湖畔、阿蘇山中岳草千里、湯布院、紀州、宮の宿、松代、諏訪、小仏峠、日本橋、札の辻ほか
(学研M文庫・590円・04/09/25第1刷・309P)
購入日:04/11/27
読破日:05/01/15

Amazon.co.jpで購入