シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

2005-11-24

幕末維新

山南敬助の切腹の真相

北方謙三さんの『黒龍の柩』を読み始めた。土方歳三を中心に、新選組を描いた長編小説である。北方さんの時代小説らしく、年号が記されないまま、物語が進むので、歴史を意識しないで現代ものと同じ感覚で読める。 北方さんの時代小説は、短文を畳み掛けるよ...