2018年7月の新刊 中


時代小説 文庫新刊情報

2018年7月の新刊 中(11日→20日)
更新日:2018/07/10

2018年7月11日から7月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今月は、光文社文庫の新刊に注目しています。

知野みさきさんの『巡る桜: 上絵師 律の似面絵帖』は、人気シリーズの第4弾。
職人としての誇りをかけた仕事に打ち込みながら、ゆくえ定まらぬ恋に心揺らす律。恋人涼太の葉茶屋にも危難が…。

上田秀人さんの『検断: 聡四郎巡検譚(二)』は、将軍徳川吉宗に直々に命じられて道中奉行副役となった水城聡四郎の新たな活躍を描くシリーズ第2弾。

つい手が伸びるのが、喜安幸夫さんの「大江戸木戸番始末」シリーズ。第八作の『ためらい始末』が出ます。木戸番の杢之助の動きが気になります。

ハルキ文庫の新刊も魅力がいっぱいです。

篠綾子さんの『親子たい焼き 江戸菓子舗照月堂』は、シリーズ第3弾。菓子に目がなく、菓子を作りたいという夢を実らせ、照月堂の職人見習いとして厨房入りを許された少女なつめの修業が始まります。

「羽州ぼろ鳶組」シリーズで大ブレイク中の今村翔吾さん。その最新文庫、『くらまし屋稼業』が刊行されます。
くらまし屋って、どんな商売?

天野純希さんの『回天の剣 島津義弘伝(下)』も文庫化されます。

祥伝社文庫から刊行される、野口卓さんの『師弟 新・軍鶏侍』も楽しみな一冊です。
“老い”の自覚のなか、息子や弟子たちの成長と旅立ちを見守る源太夫。「軍鶏侍」の第2シリーズ。

鳴神響一さんの『飛行船月光号殺人事件 謎ニモマケズ』は、宮沢賢治を探偵役に据えた、青春冒険ミステリーの第2弾です。

講談社文庫の新刊も要チェック。

山本周五郎さんの『戦国武士道物語 死處』は、戦中に執筆され、未発表のまま保管されていた短篇小説「死處」を収録した作品集。
77年ぶりに発見された作品として報道され、ファンならずとも気になるところ。

富樫倫太郎さんの『風の如く 高杉晋作篇』は、『吉田松陰篇』『久坂玄瑞篇』に続く、青春時代小説の第3弾。

実力派作家の競演、戦国時代小説アンソロジー『決戦!川中島』も文庫で登場します。

中公文庫『維新始末』は、上田秀人さんの「始末」シリーズの待望の新作。
天保の改革から二十年。闕所物奉行を辞した扇太郎は、天満屋幸吉のもと、用心棒として平穏な日々を暮らしていた……。

浮穴みみさんの『おらんだ忍者 医師了潤-秘めおくべし』は、おらんだ忍者・医師了潤が活躍する第2弾。文庫書き下ろしです。

中公文庫の新刊も気になります。

坂東眞砂子さんの『真昼の心中』は、八百屋お七の放火事件、絵島生島事件、白子屋事件……。江戸時代の出来事を下地に、独自の視点で描く七話。江戸の世の色事を通じて、人間の奥底に巣食う欲望に迫る官能小説集。

池寒魚さんの『ひとだま 隠密絵師事件帖』は、幕末の著名人も次々登場し、幕末時代小説に強烈に切り込んだ、「隠密絵師事件帖」シリーズの第2弾です。


!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:読んだことがある/持っている
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●7月11日発売 双葉社・双葉文庫
『激突-帳尻屋仕置(7)』坂岡真
『葵の密使(3)-新装版 不知火隼人風塵抄』稲葉稔
『猫でござる(3)』柏田道夫
●7月11日発売 光文社・光文社文庫
『巡る桜: 上絵師 律の似面絵帖』知野みさき『巡る桜: 上絵師 律の似面絵帖』
『ふたたびの虹: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(三)』中島久枝『ふたたびの虹: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(三)』
『ゆめかない膳: 南蛮おたね夢料理(七)』倉阪鬼一郎『ゆめかない膳: 南蛮おたね夢料理(七)』
『ためらい始末: 大江戸木戸番始末(八)』喜安幸夫『ためらい始末: 大江戸木戸番始末(八)』
『人形の影』岡本綺堂『人形の影』
『検断: 聡四郎巡検譚(二)』上田秀人『検断: 聡四郎巡検譚(二)』
『秘剣横雲: ひなげし雨竜剣(二)』坂岡真『秘剣横雲: ひなげし雨竜剣(二)』
●7月12日発売 東京創元社・創元推理文庫
『猫の姫、狩りをする (妖怪の子預かります6)』廣嶋玲子『猫の姫、狩りをする (妖怪の子預かります6)』
●7月12日発売 講談社・講談社学術文庫
『変成譜 中世神仏習合の世界』山本ひろ子『変成譜 中世神仏習合の世界』
『天皇の歴史8 昭和天皇と戦争の世紀』加藤陽子『天皇の歴史8 昭和天皇と戦争の世紀』
●7月12日発売 講談社・講談社文芸文庫
『紫陽花舎随筆』鏑木清方『紫陽花舎随筆』
『海舟余波―わが読史余滴』江藤淳『海舟余波―わが読史余滴』
●7月12日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『親子たい焼き 江戸菓子舗照月堂』篠綾子『親子たい焼き 江戸菓子舗照月堂』
『回天の剣 島津義弘伝(下)』天野純希『回天の剣 島津義弘伝(下)』
『くらまし屋稼業』今村翔吾『くらまし屋稼業』
●7月12日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『師弟 新・軍鶏侍』野口卓『師弟 新・軍鶏侍』
『夢の浮橋 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『夢の浮橋 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
『空舟 北町奉行所捕物控』長谷川卓『空舟 北町奉行所捕物控』
『飛行船月光号殺人事件 謎ニモマケズ』鳴神響一『飛行船月光号殺人事件 謎ニモマケズ』
●7月13日発売 講談社・講談社文庫
『新装版 はやぶさ新八御用帳(八) 春怨 根津権現』平岩弓枝『新装版 はやぶさ新八御用帳(八) 春怨 根津権現』
『戦国武士道物語 死處』山本周五郎『戦国武士道物語 死處』
『風の如く 高杉晋作篇』富樫倫太郎『風の如く 高杉晋作篇』
『決戦!川中島』冲方丁、佐藤巖太郎、吉川永青、矢野隆、乾緑郎、木下昌輝、宮本昌孝『決戦!川中島』
『鶴亀横丁の風来坊』鳥羽亮『鶴亀横丁の風来坊』
●7月18日発売 学陽書房・学陽人物文庫
『本多忠勝』野中信二
●7月18日発売 河出書房新社・KAWADE夢文庫
『日本史 誤解だらけの英雄像』内藤博文『日本史 誤解だらけの英雄像』
●7月18日発売 彩図社
『教科書には載っていない! 幕末志士の大誤解』夏池優一『教科書には載っていない! 幕末志士の大誤解』
●7月19日発売 岩波書店・岩波文庫
『文選 詩篇(三)』川合康三、富永一登、釜谷武志、和田英信、浅見洋二、緑川英樹・翻訳『文選 詩篇(三)』
●7月20日発売 中央公論新社・中公文庫
『維新始末』上田 秀人
『おらんだ忍者 医師了潤-秘めおくべし』浮穴みみ
●7月20日発売 集英社・集英社文庫
『真昼の心中』坂東眞砂子
『ひとだま 隠密絵師事件帖』池寒魚
●7月20日発売 講談社・講談社タイガ
『百鬼一歌 都大路の首なし武者』瀬川貴次『百鬼一歌 都大路の首なし武者』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年7月の新刊 上(1日→10日)

コメント

コメント