芸道

ミステリー

絵師写楽の謎に迫る、レジェンド作家の幻の長編、遂に文庫化

『写楽』 皆川博子さんの長編時代小説、『写楽』(角川文庫)を入手しました。 謎に満ちた浮世絵師・東洲斎写楽を描く時代小説には、杉本章子さんの『写楽まぼろし』、泡坂妻夫さんの『写楽百面相』など、復刊してほしい、優れた作品が少なくありま...
市井人情

元歌舞伎の女方で、長唄の師匠・音四郎には、秘密がいっぱい

『音四郎稽古屋手控 音わざ吹き寄せ』 奥山景布子(おくやまきょうこ)さんの連作時代小説、『音四郎稽古屋手控 音わざ吹き寄せ』(文春文庫)を入手しました。 著者は、幕末の歴史に大きくかかわった、美濃高須藩主の家に生まれた四人の兄弟を描...
ミステリー

時代小説で清張賞受賞から21年、ミステリーで乱歩賞受賞

6月8日、第66回江戸川乱歩賞(日本推理作家協会主催)が発表されて、佐野広実(ひろみ)さんが「わたしが消える」で受賞されました。 昨日の朝日新聞夕刊で、「清張賞→乱歩賞、21年経て新人賞また」の見出しで、第66回江戸川乱歩賞の受賞者の...
単行本

第163回直木賞候補に、『じんかん』、『能楽ものがたり 稚児桜』

2020年6月16日(月)、第163回(2020年上半期)直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会主催)の候補作品5作品が発表されました。 時代小説では、今村翔吾さんの『じんかん』(講談社)と、澤田瞳子(さわだとうこ)さんの『能楽もの...
人物

琳派の図案家、江戸の天才絵師・伊藤若冲の素顔に迫る

『遊戯神通 伊藤若冲』 河治和香(かわじわか)さんの長編時代小説、『遊戯神通(ゆげじんづう) 伊藤若冲』(小学館文庫)を献本いただきました。 著者は、2003年、伊豆韮山代官江川太郎左衛門の手代の娘と、咸臨丸に乗船することになる男と...
2020.06.07