2020年文庫書き下ろし時代小説ベスト10、公開

戦国

人物

武士の名前と偏諱

海道龍一朗さんの『真剣―新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱』を読んでいて、偏諱(へんき)のことが出てきた。『広辞苑』によると、「諱」は名の意味で、貴人などの2字以上の名のうちの1字のこと。将軍や大名などが、家臣の功ある者や元服の際などに名...
2020.01.13
人物

『真剣』と若き日の上泉伊勢守

新陰流の流祖上泉伊勢守信綱の生涯を描いた、海道龍一朗さんの『真剣―新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱』を読んでいる。 松本備前守政信の下で鹿島上古流と天真正伝香取神道流の剣の修行に明け暮れる若き日の信綱(源五郎)が生き生きと描かれていて、一...
剣豪

背筋がピンと張った剣豪小説

海道龍一朗さんの『真剣 新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱』を入手。作品は未読だったが、海道さんは2年前の単行本刊行時から、とても気になっていた作家である。新人作家なので、どのような形で読者の目を引くのか、興味深々でページをめくった。 ...
2019.12.28
人物

剣聖、上泉伊勢守の読みは?

9月から取り掛かったプロジェクトが昨日ようやく終わった。最後にちょっとしたピンチがあったこともあり、昨夜は家でPCを立ち上げることもできずに、10時過ぎに布団に入った。一夜明けてようやく平常に戻った。これからまた新しいプロジェクトに向かう...
戦国

宮本昌孝ワールド炸裂!

『ふたり道三』を読了する。この本を読んで時代小説ファンで良かったとしみじみと思った。ジェットコースターのようなストーリー展開で、ヤマ場の連続。作者の旺盛なサービス精神に感謝。 司馬遼太郎さんの『国盗り物語』で人物像が出来上がった観のある、...