宮本武蔵

宮本武蔵宮本武蔵
(みやもとむさし)
司馬遼太郎
(しばりょうたろう)
[剣豪]
★★★☆☆

本書は、著名作家による競作シリーズ「日本剣客伝」の一作として発表され、朝日文庫『日本剣客伝・2』に収録されていたものを独立させたもの。

宮本武蔵というと、どうも勝ちすぎるイメージが強く、共感を抱きにくいキャラクターだった。最近、ようやく、その武蔵に興味が持ててきた。コミック『バカボンド』のおかげかもしれない。そんな折に、司馬さんの本が発行され、早速読んでみた。1967年に書かれたこの作品は、意外なほど淡々と、武蔵のエピソードを時代順に綴っている。余分なものがないだけに、ストレートに武蔵の生き方、事跡がよくわかり、入門者にはありがたいガイドだ。

そろそろ、吉川英治版の『宮本武蔵』を読むことにしよう。

物語●美作国讃甘郷宮本村にうまれた武蔵は、幼い頃、老父・平田無二斎から兵法の手ほどきを受けた。十三歳にして有馬喜兵衛という兵法者をうち殺した
以後、試合うこと六十余度、勝利を得ざることなし。剣の道を極め、兵法者の頂点に立っていく武蔵を描く。

目次■その生い立ち/吉岡兵法所/一乗寺下り松/宝蔵院流/異種試合/夢想権之助のこと/巌流/燕を斬ること/京の日々/小倉/山桃/決闘/巌流島雑記/大坂ノ陣/北条安房守/晩年/巻末エッセイ 瀬川智子

カバー装幀:平隼
解説:瀬川智子
時代:慶長元年
場所:関ヶ原、京・蓮台野、一乗寺下り松、奈良、伊賀上野、江戸、船島ほか
(朝日文庫・480円・99/11/01第1刷・251P)
購入日:99/10/16
読破日:99/11/23

Amazon.co.jpで購入