居眠り磐音 江戸双紙 朝虹ノ島

居眠り磐音 江戸双紙 朝虹ノ島

(いねむりいわね・えどそうし・あさにじのしま)

佐伯泰英

(さえきやすひで)
[痛快]
★★★☆☆

春風駘蕩とした浪人坂崎磐音が活躍する「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズの第10弾。今度はどんな活躍ぶりを見せるか興味津々。

今回の見せ場は、伊豆・熱海に今津屋吉右衛門のお供で、磐音、品川柳次郎、竹村武左衛門が用心棒として同行し、危難に遭うところ。3人の個性がよく出ていて、磐音の活躍ぶりが際立ち、痛快ヒーローものとして大いに楽しめる。最近の「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズは、磐音らが江戸近郊に出かけて、そこでいろいろな事件に巻き込まれるという形がパターン化してきた。名勝地・観光スポットを楽しみながら、物語にバリエーションをつける手法は飽きずに読めてうまい。

天神鬚の研ぎ師、鵜飼百助や鳥取藩の重役の娘・織田桜子など新キャラクターが登場し、次回作が今から期待される。

◆居眠り磐音 江戸双紙シリーズ
1 『陽炎ノ辻』
2 『寒雷ノ坂』
3 『花芒ノ海』
4 『雪華ノ里』
5 『龍天ノ門』
6 『雨降ノ山』
7 『狐火ノ杜』
8 『朔風ノ岸』
9 『遠霞ノ峠』

物語●江戸の町に炎暑が続く中で、深川六間堀の金兵衛長屋に住む浪人・坂崎磐音は、両替商今津屋の吉右衛門から、伊豆国熱海の石切場へ出向く際に同道することを依頼された。江戸城の石垣の一部が壊れ、修理を美作国津山藩松平家が請け負うことになり、松平家と付き合いのある今津屋が修築資金を融通することになったという。また、同じ日に、磐音は、両国東広小路の楊弓場「金的銀的」の朝次の口利きで、失踪した娘芸人の行方を探す仕事を頼まれた…。

目次■第一章 泉養寺夏木立/第二章 夜風地引河岸/第三章 朝靄根府川路/第四章 湯煙豆州熱海/第五章 初島酒樽勝負

カバーイラストレーション:蓬田やすひろ
カバーデザイン:泉沢光雄
時代:安永四年(1775)年五月下旬
場所:深川六間堀、泉養寺、両国東小路、米沢町、法恩寺橋、本所北割下水、新鳥越町、吉岡町、八代洲河岸、地引河岸、神田三崎町、伊豆山神社、熱海、初島ほか
(双葉文庫・648円・04/09/20第1刷・349P)
購入日:04/09/30
読破日:04/10/02

Amazon.co.jpで購入