2018年4月の新刊 上


時代小説 文庫新刊情報

2018年4月の新刊 上(1日→10日)

更新日:2018/04/09

2018年4月1日から4月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

徳間文庫から、上田秀人さんの『相嵌: 禁裏付雅帳六』が刊行されます。
老中松平定信の密命を帯びた禁裏付の東城鷹矢は、武家伝奏の提案で近江坂本へ物見遊山に出かけることに。そこで鷹矢を待ち構えていたものは……。

今月の文春文庫の新刊は楽しみです。

畠中恵さんの『まったなし』は、江戸町名主の跡取り息子・麻之助が、幼なじみで町名主を継いでいる色男・清十郎と、堅物の同心・吉五郎とともに、さまざまな謎やもめ事の解決に挑む、「まんまこと」のシリーズの第5弾です。

風野真知雄さんの『卜伝飄々』は、塚原卜伝の老境を描く新感覚剣豪小説。無敗の男・卜伝の伝説はいかに作られたのか。

幻冬舎時代小説文庫の新刊では、葉室麟さんの『風かおる』に注目しています。

鍼灸医・菜摘は、「妻敵討ち」の旅から戻った養父・佐十郎と十年ぶりの再会を果たします。しかし帰藩した佐十郎は不治の病に侵され、妻敵討ちは何者かに謀られたものだと口にしました。真相を探る菜摘。やがて、明かされる、養父の知られざる過去とは?


!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●4月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『神田界隈歴史散歩』金田輝男『神田界隈歴史散歩』
『謀略の剣 参 激闘 北の関ヶ原編』磯﨑拓也『謀略の剣 参 激闘 北の関ヶ原編』
『古跡探訪ガイド 「奥の細道」を行く』久次米徹志『古跡探訪ガイド 「奥の細道」を行く』
●4月3日発売 日本経済新聞出版社・日経ビジネス人文庫
『30の発明からよむ日本史』池内了・監修『30の発明からよむ日本史』
●4月4日発売 PHP研究所・PHP文庫
『真実の中国史[1840-1949]』宮脇淳子『真実の中国史[1840-1949]』
●4月4日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『坂本龍馬殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿』風野真知雄『坂本龍馬殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿』
『剣客旗本春秋譚』鳥羽亮『剣客旗本春秋譚』
『?盗組鬼退治 烈火』吉田雄亮『?盗組鬼退治 烈火』
『鬼の冠 武田惣角伝』津本陽『鬼の冠 武田惣角伝』
●4月4日発売 草思社・草思社文庫
『文庫 孤独な帝国 日本の一九二〇年代: ポール・クローデル外交書簡一九二一-二七』ポール・クローデル『文庫 孤独な帝国 日本の一九二〇年代: ポール・クローデル外交書簡一九二一-二七』
●4月5日発売 文芸社・文芸社文庫
『闇蔵 蛇の目の翔次郎始末帳』安芸宗一郎『闇蔵 蛇の目の翔次郎始末帳』
『禁断の華 鳥見役影御用』黒崎裕一郎『禁断の華 鳥見役影御用』
●4月5日発売 宝島社・宝島SUGOI文庫
『最新日本史 まさか! その「歴史」は?だった150』日本博識研究所『最新日本史 まさか! その「歴史」は?だった150』
●4月6日発売 徳間書店・徳間文庫
『相嵌: 禁裏付雅帳六』上田秀人『相嵌: 禁裏付雅帳六』
『恋敵は公方様: 江戸家老塩谷隼人三』牧秀彦『恋敵は公方様: 江戸家老塩谷隼人三』
●4月10日発売 文藝春秋・文春文庫
『まったなし』畠中恵『まったなし』
『恋女房 新・秋山久蔵御用控(一)』藤井邦夫『恋女房 新・秋山久蔵御用控(一)』
『切り絵図屋清七 雪晴れ』藤原緋沙子『切り絵図屋清七 雪晴れ』
『卜伝飄々』風野真知雄『卜伝飄々』
『帳簿の世界史』ジェイコブ・ソール 『帳簿の世界史』
『山本周五郎名品館I おたふく』山本周五郎『山本周五郎名品館I おたふく』
●4月10日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『居酒屋お夏 八 兄弟飯』 岡本さとる 『居酒屋お夏 八 兄弟飯』
『風かおる』 葉室麟 『風かおる』
●4月10日発売 幻冬舎・幻冬舎文庫
『織田信長 435年目の真実』 明智憲三郎 『織田信長 435年目の真実』
●4月10日発売 講談社・講談社学術文庫
『明治維新史 自力工業化の奇跡』石井寛治『明治維新史 自力工業化の奇跡』
『天皇の歴史5 天皇と天下人』藤井讓治『天皇の歴史5 天皇と天下人』
『宇治拾遺物語 下 全訳注』高橋貢、増古和子『宇治拾遺物語 下 全訳注』
『新版 法然と親鸞の信仰』倉田百三『新版 法然と親鸞の信仰』
●4月10日発売 幻冬舎・幻冬舎よしもと文庫
『京大芸人式日本史』 菅広文 『京大芸人式日本史』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年3月の新刊 下(21日→月末)2018年4月の新刊 中(11日→20日) →

コメント

コメント