2018年3月の新刊 下


時代小説 文庫新刊情報

2018年3月の新刊 下(21日→月末)
更新日:2018/04/20

2018年3月21日から3月31日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今回、楽しみにしているのは、角川文庫の新刊です。
千野隆司さんの『入り婿侍商い帖 大目付御用(三)』が刊行されます。
かつての強敵・佐柄木屋が江戸に戻り、角次郎と大黒屋に最大の危機が訪れます。「大目付御用」波乱の完結巻! 読まずにはいられません。

平谷美樹さんの『江戸城 御掃除之者! 玉を磨く』は、シリーズ第3作。目安箱に投函された訴状をきっかけに、江戸城御掃除之者と民間掃除屋の御掃除合戦が勃発します。

中公文庫からは、高橋義夫さんの『北の武士たち・狼奉行 – 傑作時代小説集』が出ます。
第106回直木賞受賞作「狼奉行」をはじめ、書き下ろし短篇2編を加えた文庫オリジナル短編集です。
雪深い地に赴任した祝靱負は、藩政から遠ざけられたことに失望し、鬱屈の日々を送る……。「狼奉行」は、出羽の地に生きる、武士の矜恃を描いています。

★2018/03/24追記
新潮文庫から、辻井南青紀(つじいなおき)さんの『結婚奉行』が刊行されます。
火付盗賊改同心から一転、桜井新十郎は、持参金を取り締まり、幕臣の婚姻や養子縁組を勧める結婚奉行の配下となった……。新鋭作家が描く、武家の家庭を守る、ニューヒーローに期待しています。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●3月21日発売 廣済堂出版・廣済堂文庫
『黒十手捕物帖 暁に哭く乙女』鳴海丈
●2月22日発売 三笠書房・知的生きかた文庫
『良寛 軽やかな生き方: 「わたしは、ただ、遊んでいるだけ」』境野勝悟『良寛 軽やかな生き方: 「わたしは、ただ、遊んでいるだけ」』
●3月23日発売 中央公論新社・中公文庫
『新装版 – 奉行始末 – 闕所物奉行 裏帳合(六)』上田秀人『新装版 - 奉行始末 - 闕所物奉行 裏帳合(六)』
『背教者ユリアヌス(四)』辻邦生『背教者ユリアヌス(四)』
『北の武士たち・狼奉行 – 傑作時代小説集』高橋義夫『北の武士たち・狼奉行 - 傑作時代小説集』
『高橋是清自伝(上)』高橋是清『高橋是清自伝(上)』
『高橋是清自伝(下)』高橋是清『高橋是清自伝(下)』
●3月24日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『関ヶ原前夜 西軍大名たちの戦い』光成準治『関ヶ原前夜 西軍大名たちの戦い』
『現代語縮訳 特命全権大使 米欧回覧実記』久米邦武編著『現代語縮訳 特命全権大使 米欧回覧実記』
●3月24日発売 KADOKAWA・角川文庫
『入り婿侍商い帖 大目付御用(三)』千野隆司『入り婿侍商い帖 大目付御用(三)』
『宮部みゆきの江戸怪談散歩』宮部みゆき編『宮部みゆきの江戸怪談散歩』
『水木しげるの日本霊異記』水木しげる『水木しげるの日本霊異記』
『江戸城 御掃除之者! 玉を磨く』平谷美樹『江戸城 御掃除之者! 玉を磨く』
『忍法双頭の鷲』山田風太郎『忍法双頭の鷲』
『見習い同心捕物帳 深紅の影』志木沢郁『見習い同心捕物帳 深紅の影』
『はなの味ごよみ』高田在子『はなの味ごよみ』
『柳橋物語』山本周五郎『柳橋物語』
●3月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『幻の赦免船 居眠り同心 影御用26』早見俊『幻の赦免船 居眠り同心 影御用26』
『地獄耳5 御金蔵破り』和久田正明『地獄耳5 御金蔵破り』
●3月28日発売 新潮社・新潮文庫
『結婚奉行』辻井南青紀『結婚奉行』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年3月の新刊 中(11日→20日)2018年4月の新刊 上(1日→10日) →

コメント

コメント