半九郎残影剣

半九郎残影剣

(はんくろうざんえいけん)

鈴木英治

(すずきえいじ)
[剣豪]
★★★★

『義元謀殺』で注目される新進時代小説家、鈴木さんの剣豪ミステリー。作品中に、架空の地名が幾つか出てきたのが気になった。史実にとらわれずに、自由に登場人物たちを動き回らせたいからであろうか? 主要な舞台となる沼里は、駿河・沼津がモデルと思われる。江戸の町も実在しない町名が見うけられた。

主人公は剣の遣い手(流派は明記されず)ながら、用心棒の仕事中に居眠りしたり、幼なじみで許嫁の奈津を押し倒そうとして引っぱたかれたりと、すぐ油断しやすく調子にのりやすい、うっかり気質のヒーロー。

誘拐事件に、御家騒動が絡み、周りに翻弄されたりと、ハードボイルドなミステリーを思わせるタッチで、最後まで大いに楽しめるエンターテインメント時代小説。第二弾の『半九郎疾風剣』も読んでみたい。

物語●用心棒の里村半九郎は、ごま油を扱う商家・秋葉屋の押しこみを撃退し、許嫁の奈津と穏やかな時間を過したのもつかの間、押しこみ犯の弟から命を付けねらわれ、再び警護についた秋葉屋主人ともども、頭巾姿の二人の侍に襲われたり、剣呑な日々を送っていた。そんなある日、奈津が何者かに、かどわかされてしまった。半九郎は、警護の仕事を放り出して、奈津の探索を始めるが…。

目次■なし

装画:百鬼丸
装幀:芹澤泰偉
時代:明記されず
場所:神田鎌倉町、本郷菊坂台町、神田金沢町、上野北大門町、浅草諏訪町、麹町三丁目、芝三田、神田小柳町、本石町、一橋、三島、沼里。(架空の地名あり)
(ハルキ文庫・740円・03/04/18第1刷・356P)
購入日:03/09/28
読破日:03/11/23

Amazon.co.jpで購入