居眠り磐音 江戸双紙 残花ノ庭

居眠り磐音 江戸双紙 残花ノ庭居眠り磐音 江戸双紙 残花ノ庭
(いねむりいわね・えどそうし・ざんかのにわ)
佐伯泰英
(さえきやすひで)
[痛快]
★★★☆☆

深川六間堀の金兵衛長屋に住む浪人・坂崎磐音が活躍する『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズの第13弾。

半年ほど前に、システムエンジニアをしていて、とても忙しくしているのに、膨大な読書量の方に話を聞いたことがあった。秘密は、ハーレクイーンロマンスで冊数を稼いでいると言っておられた。古本屋でまとめて買ってきて、休日に5、6冊一気に読んでしまうそうだ。私の場合、読みやすい時代小説という佐伯泰英さんの作品が『居眠り磐音』シリーズがそれにあたる。

山手樹一郎作品に通じる明朗型のヒーロー、坂崎磐音が活躍するチャンバラもの。新作の『残花ノ庭』で、第13作を数える。タイトルはいずれも「○○ノ○」というように形容詞+「ノ」+場所を表す名詞というパターンを踏襲している。

最新作では、磐音に思いを寄せる三人の女性、元許婚の奈緒、両替屋の奥女中おこん、因幡鳥取藩の重臣の娘桜子の、微妙な関係に変化が生じる。今まで誰に対してもいい人を演じていた磐音がぶつかる悩み、そして、師の佐々木玲圓のかける言葉、今回の一番のポイントだろうか。今後の展開がますます気になる。

物語●坂崎磐音は、深川六間堀北之橋詰の鰻屋宮戸川の小僧・幸吉のおともで、谷中日暮里の木綿問屋高嶋屋の隠宅まで、蒲焼の出前を届けにでかけた。隠宅では、隠居の百蔵と若い妾おくめが、五、六人の男たちから高嶋屋の当代の醜聞をネタに金子をゆすり取られようとしてた…。

目次■第一章 花びら勝負/第二章 おそめの危難/第三章 夜半の待ち伏せ/第四章 正睦の上府/第五章 カピタン拝謁

カバー装画・デザイン:蓬田やすひろ
カバー装画・デザイン:泉沢光雄
時代:安永五年二月の終わり
場所:隅田川、谷中日暮里、米沢町、谷中本村、神保小路、深川六間堀裏、柳橋、両国東広小路、待乳山聖天下社、吉原、駒形町、五十間道、浜町河岸、法恩寺橋際、六郷の渡し、駒井小路、本石町、本所北割下水ほか
(双葉文庫・648円・05/06/20第1刷・355P)
購入日:05/06/24
読破日:05/06/24

Amazon.co.jpで購入