本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

風樹の剣 日向景一郎シリーズ1

風樹の剣 日向景一郎シリーズ1
風樹の剣 日向景一郎シリーズ1

(ふうじゅのけん ひなたけいいちろうしりーず1)

北方謙三

(きたかたけんぞう)
[剣豪]
★★★★

初めて北方さんの作品を読む。ハードボイルド作家と剣豪小説はピッタリあう。解説のムルハーンさんと同感で、しばらく、追いかけてみたいと思わせる出来。

ヘミングウェイを彷彿させる、畳み掛けるような単文の連ね。

叫んだ。白い光。匕首とはまるで違う音。全身が硬直した。上段に構えられた。見えるのは、刀だけだ。息を吸おうとしても吸えず、手も動かなかった。(p.27より)

物語●「父を斬れ。斬らねばおまえの生きる場所は、この世にない」――。
謎めいた祖父日向将監の遺言を胸に、景一郎(現代小説のヒーローのような名前だ)は、遺品の二尺六寸の名刀・来国行を腰に果てしなき旅に出た。十八歳の青年剣士は行く先々で道場を破り、生肉を喰らい、女を犯し、ついには必殺の剣法を体得する。
日向流という一刀流に、掌打などの体術を織りまぜた剣法が、新鮮だ。

カバー装幀:宇野亜喜良
解説:ムルハーン千栄子(比較文学者、元イリノイ大学教授)
(新潮文庫・600円・96/12/1)
購入日:1996/12/1
読破日:1996/12/4

Amazon.co.jpで購入