『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

竜の見た夢

竜の見た夢
竜の見た夢

(りゅうのみたゆめ)

羽太雄平

(はたゆうへい)
[伝奇]
★★★★☆

隆慶一郎の影響を色濃くもつ作品。浮田平四郎、本多政重はじめ、前作『本多の狐』の主要人物が総登場。新たに混血娘お愛に、美剣士柳生友矩も加わる。さらに隆ファンにおなじみの忠輝も登場。独眼竜政宗の築いた仙台を舞台に、本多の狐、猿の一族、黒脛巾組、柳生、吉利支丹が入り乱れる大活劇。江戸幕府に抗し竜の見た夢とは? 40以上の資料、文献を駆使して描いた会心作。

装幀:菊地信義
時代:寛永十五年(島原の乱直後)
(講談社文庫・580円・96/8/15)
購入日:1996/8/10
読破日:1996/8/12

Amazon.co.jpで購入 [竜の見た夢: 続本多の狐 Kindle版]