本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

2020-06

スポンサーリンク
市井人情

江戸目明かし総元締を継いだ元侍が、とことん悪を追い詰める

『初めての梅 船宿たき川捕り物暦』 樋口有介さんの長編時代小説、『初めての梅 船宿たき川捕り物暦』(祥伝社文庫)を入手しました。 前作『変わり朝顔』では、浪人真木倩一郎(まさきせいいちろう)は、奥州白河藩主松平定信からの仕官要請を断...
人物

戦国一の極悪人・松永久秀は時代が求めたヒーローなのか

『じんかん』 今村翔吾さんの長編時代小説、『じんかん』(講談社)を入手しました。 本書の主人公は、松永久秀。松永弾正の名でも知られています。 仕えた主人を殺し、天下の将軍を暗殺し、東大寺の大仏殿を焼き尽くしたことから、織田信長...
2020.06.14
人物

「2020年6月の新刊(単行本)」をアップ

2020年6月1日から6月30日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年6月の新刊(単行本)」を掲載しました。 今月は、中央公論新社から刊行される、吉川永青(よしかわながはる)さんの『憂き夜に...
単行本

二人の「きたさん」が事件を通して成長していく人情捕物帖

『きたきた捕物帖』 宮部みゆきさんの長編時代小説、『きたきた捕物帖』(PHP研究所)を献本いただきました。 多くの時代ミステリーを発表してきた著者ですが、「捕物帖」とタイトルに入る作品は、本書が初めてです。 「私がずっと書きた...
人物

戦国に名門足利家を守り、喜連川藩をつくった二人の姫の物語

『さくらと扇』 神家正成(かみやまさなり)さんの長編小説、『さくらと扇』(徳間書店)を紹介します。 本書は、新進気鋭の時代小説家たちが参画した歴史小説イノベーション「操觚の会(そうこのかい)」と、栃木県さくら市がコラボレーションして...