『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

2020-05

市井人情

「2020年6月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『新酒番船』|光文社文庫 2020年6月1日から6月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年6月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました。 今回は、光文社文庫から刊行される、佐伯泰英さんの『新酒番船(しんしゅばん...
単行本

時代小説家でカリスマ講師が明かす、「時代小説」の舞台裏

『新・時代小説が書きたい!』 鈴木輝一郎さんの小説技法の解説書、『新・時代小説が書きたい!』(河出書房新社)を入手しました。 著者は、『浅井長政正伝』『金ヶ崎の四人 信長、秀吉、光秀、家康』など歴史時代小説作品を多数発表されている時...
単行本

権勢の頂きを目指す、藤原四兄弟の前に立ちはだかる最強の敵

『四神の旗』 馳星周さんの長編小説、『四神の旗(ししんのはた)』(中央公論新社)を入手しました。 本書は、『比ぶ者なき』に続く、奈良時代を舞台にした、長編歴史時代小説です。 藤原不比等の四人の息子たち、武智麻呂、房前、宇合、麻呂に...
剣豪

落胤の若侍と目明しの娘の出会いは、幕府の闇を抉る捕物劇に

『変わり朝顔 船宿たき川捕り物暦』 樋口有介(ひぐちゆうすけ)さんの初の時代小説、『変わり朝顔 船宿たき川捕り物暦』(祥伝社文庫)を紹介します。 本書は、2007年にちくま文庫から刊行された『船宿たき川捕物暦』を改題して祥伝社文庫よ...
人物

神話も、聖徳太子もつくり出した、藤原不比等の壮大なる野望

『比ぶ者なき』 馳星周さんの長編小説、『比(なら)ぶ者なき』(中公文庫)を紹介します。 本書は、大化の改新を主導した中臣鎌足(藤原鎌足)の子で、奈良時代初めに朝廷で権力を握った藤原不比等(ふひと)の半生を描く歴史時代小説です。 ...