2020-05-13

スポンサーリンク
医療

流行り病が広がる中で御薬園に立ちはだかる、目付鳥居耀蔵

『花しぐれ 御薬園同心水上草介』 梶よう子さんの時代小説、『花しぐれ 御薬園同心水上草介』(集英社文庫)を入手しました。 本書は、薬草栽培や生薬の精製につとめる、小石川御薬園同心の水上草介(みなかみそうすけ)を主人公とする、連作時代...