2019-05-25

★時代小説

明治から大正へ。新聞記者がのめり込む明治神宮造営

明治から大正への時代が変わるときに光を当てた、朝井まかてさんの近代時代小説、『落陽』(祥伝社文庫)を紹介します。 明治神宮に参拝に出かけることがあります。 参宮橋の西参道から入場することが多く、武蔵野の林を想起させるような木々の間を...