2019-06

伝奇

おいらん若君、娘の生き肝を食らう河童の正体を暴く

鳴神響一(なるかみきょういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『おいらん若君 徳川竜之進 凶嵐』(双葉文庫)を入手しました。 吉原一の花魁にして、尾張徳川家の御落胤・徳川竜之進が、浮き世の悪鬼を成敗する痛快伝奇シリーズの第4弾です。 七夕...
女性

「2019年7月の新刊 上」をアップ

2019年7月1日から7月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年7月の新刊 上」を掲載しました。 今回は徳間文庫から刊行される、志川節子(しがわせつこ)さんの『煌(きらり)』をとり上げます。本書は、『春はそ...
武家

女流書家の周りで起こる事件の数々。江戸「書道」小説、登場

梶よう子さんの時代小説、『墨の香(すみのか)』(幻冬舎時代小説文庫)を入手しました。 本書のヒロインの岡島雪江は、千三百石の旗本の二十六になる娘。ひと月前に婚家を出て実家に戻り、書の道を学ぼうという若い娘たちに筆法指南を始めます。 岡島...
人物

歴史がわかる、時代小説が面白くなる、坊主列伝

福原俊彦名義で時代小説家として活躍するかたわら、歴史解説書や評論などを手掛ける、榎本秋さんの歴史読み物、『日本坊主列伝』(徳間文庫)を入手しました。 本書は、古代から近世までを、「1 古代~鎌倉」、「2 室町~戦国」、「3 江戸」の3つに...
新刊情報

「2019年6月の新刊 下」をアップ

2019年6月21日から6月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年6月の新刊 下」を掲載しました。 今回は集英社文庫から刊行される、日本文藝家協会編(の『時代小説 ザ・ベスト2019』をとり上げます。本書は...