2018-11-18

スポンサーリンク
痛快

明和大火の下手人は生きているのか? “狐火”の悪夢、再び

今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『狐花火(きつねはなび) 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫)を入手しました。 待ちかねていた「羽州ぼろ鳶組」の第七弾。 第1弾の『火喰鳥』で登場した元花火師の秀助を想起させる、火付けが再び起きます。 しかも...
読書・本

『文蔵 2018.12』のブックガイドは、子どもに贈りたい小説

『文蔵 2018.12』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、人生の彩りを豊かにする物語を 子どもに贈りたい小説 です。 お子さんへのクリスマスプレゼントに小説を考えている人におすすめ。 読みと気持ちが楽になる人間関係の...
2018.11.21