農民から旗本へ、おとぎ話のような出世譚、完結。

幻冬舎時代小説文庫から刊行された、千野隆司(ちのたかし)さんの文庫書き下ろし時代小説、『出世侍(五) 雨垂れ石を穿つ』を紹介します。 農民の身分から脱し、侍になるという大きな夢をもって、上州の水呑百姓から旗本家へ婿入りを果たした、川端藤吉の破天荒な出世ぶりを描 …