吉原を舞台に、凛として生き抜く女性の波瀾万丈の物語

志坂圭(しざかけい)さんの第1回本のサナギ賞優秀賞受賞作品、『滔々と紅(とうとうとべに)』を紹介します。 天保八年八月、飢饉にあえぐ村から、九歳の少女、駒乃が女衒の伊佐治の手によって、江戸吉原の遊郭、扇屋へ年季奉公させられる。駒乃は、吉原のしきたりに抗いながら …