「2017年8月の新刊 上」をアップ

2017年8月1日から8月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年8月の新刊 上」を掲載しました。 今回はPHP文芸文庫から刊行される、畠山健二さんの『本所おけら長屋(九)』に注目しています。 金はないけど情はある、個性豊かな面々が揃 …

醜く蔑まれる、初老の刺客。夜叉萬同心、決死の影始末

辻堂魁(つじどうかい)さんの、『夜叉萬同心 もどり途』は、シリーズ5作目ですが、出版元を光文社時代小説文庫に移してから、初の書き下ろし新作となります。 浅草・花川戸で貸元の貸元の谷次郎が殺され、その翌日、向島隅田村の隅田川の川縁で、唇に艶紅の塗られた若い女の死 …

『文蔵 2017.8』のブックガイドは、「医療小説」の最先端

『文蔵 2017.8』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、サスペンスからヒューマンドラマ、時代小説まで 「医療小説」の最先端 です。 サスペンスからヒューマンドラマ、社会派小説まで、多岐にわたるジャンルで、今や一大潮流となった医療小説のおすすめ作 …

「2017年7月の新刊 下」をアップ

2017年7月21日から7月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年7月の新刊 下」を掲載しました。 今回は中公文庫に注目しています。 数学に情熱を傾ける少年少女たちを描く青春小説『青の数学』で注目される、王城夕紀(おうじょうゆうき) …

八丈島から島抜け。兄を救うために、江戸を目指す

金子成人(かねこなりと)さんの、『追われもの(一) 破獄』は、時代小説「付添い屋・六平太」シリーズで人気の作者の新しい時代小説書き下ろしです。 博打の罪で遠島となった丹次は八丈島で平穏に暮らしていた。だがある日、新たに島に送られたきた旧知の男が衝撃の話をもたら …