2016-06

江戸

火山噴火、地震、火災、飢饉、疫病…、江戸の災害史を学ぶ

今年の江戸検のお題に関連して、倉地克直(くらちかつなお)さんの歴史読み物、『江戸の災害史 徳川日本の経験に学ぶ』(中公新書)を入手しました。 江戸を焼き尽くした明暦の大火、宝永の富士山大噴火、天明の浅間山大噴火、天保の飢饉、安政の大地...
江戸

第11回江戸検、今年のお題は「天下大変 江戸の災害と復興」

第11回を迎える、江戸文化歴史検定(江戸検)は平成28年11月3日(木・祝)に東京・名古屋・大阪で開催されます。受検申込期間は9月27日(火)まで。 今年のお題は、「天下大変 江戸の災害と復興」。戦乱もなく平和が続いた江戸時代ですが、...
ニュース

第155回直木賞候補に、『家康、江戸を建てる』、『天下人の茶』

6月20日(月)、第155回直木三十五賞(日本文学振興会主催)の候補作品5作が決定しました。時代小説では、門井慶喜(かどいよしのぶ)さんの『家康、江戸を建てる』(祥伝社)と、伊東潤さんの『天下人の茶』(文藝春秋)の2作品が候補に入りました。...
新刊情報

喜安幸夫さんの文庫『流離の姫 用心棒 若杉兵庫』の解説を書きました

喜安幸夫(きやすゆきお)さんの書き下ろし時代小説、『流離の姫 用心棒 若杉兵庫』が角川文庫より刊行されました。 加賀藩腰物奉行で剣の達人でもある若杉兵庫は、藩主・前田斉泰から極秘の主命を受けた。それは若き頃、情を通じた女性の探索。だが...
新刊情報

「2016年6月の新刊 下」をアップ

2016年6月21日から6月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2016年6月の新刊 下」を掲載しました。 注目作が目白押しの今回の新刊情報。第十一回本屋大賞を受賞した、和田竜さんの『村上海賊の娘(一)』『村上海賊...