2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

2008-08

江戸

夏休みの宿題と老眼?

土日にイベントのスタッフとして出勤した関係で、今日は代休を取って会社を休んでいる。降ったり止んだりのはっきりしない天気ということもあり、溜まっていた夏の宿題をやろうと思う。 ウン十年も経っているにもかかわらず、学生のような感じで、夏の間にや...
伝奇

アル中の家老が主人公の傑作時代小説

羽太雄平(はたゆうへい)さんの『家老脱藩 与一郎、江戸を行く』を読んだ。『峠越え』『新任家老 与一郎』に続く、「与一郎」の第三弾である。このシリーズの魅力の一つは、主人公が家老という設定。もっとも、第一作の『峠越え』では筆頭家老榎戸弥次郎衛...
作家

山内美樹子さんがブログを始められました

『善知鳥伝説闇小町 鍵屋お仙見立絵解き』などで知られる作家の山内美樹子さんが、ブログをスタートされました。 善知鳥伝説闇小町 鍵屋お仙見立絵解き (光文社文庫) 作者: 山内美樹子 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2007/11/08...
剣豪

寅さん化する、酔いどれ小籐次

食欲が落ちた時期に、口当たりのよいものばかり食べたくなるように、読書欲が落ちたときには佐伯泰英の時代小説が読みたくなる。そんなわけで「酔いどれ小籐次」シリーズの第10弾『薫風鯉幟(くんぷうこいのぼり)』を読んだ。 薫風鯉幟―酔いどれ小籐次留...
資料館・美術館

「対決 巨匠たちの日本美術」に行ってきた

夏バテ気味で家でゴロゴロ読書三昧と考えていたが、上野の東京国立博物館・平成館で開催中の「対決 巨匠たちの日本美術」を見に行った。与謝蕪村や伊藤若冲、池大雅、野々村仁清など、江戸時代の京を舞台に活躍した絵師・陶芸家の作品を見たくなり、思い切っ...