2006-08

その他

地震と引用の必需品「ブックストッパー」

夕方、東京で震度3の地震が起きた。会社にいたが、割合大きく揺れた。ちょうど、明日は防災の日で、1923年には関東大震災が起こった日でもある。出久根達郎さんの『安政大変』を読んでいたこともあり、地震の怖さが頭にあったときだった。 安政...
市井人情

安政大地震を描いた時代小説

家のエアコンが故障してしまい、妻の実家へ避暑中で2日ばかりブログの更新を怠ってしまう。(交換部品を取り寄せる必要があるようで、エアコンはまだ直っていない) 出久根達郎さんの『安政大変』を読み始めた。安政二年十月二日に江戸を襲った大地震に翻...
剣豪

一放流の剣豪ヒーロー、水城聡四郎

上田秀人さんの『秋霜の撃(しゅうそうのげき)』を読んでいる。この時代小説のヒーロー水城聡四郎(みずきそうしろう)は、五百石高のお目見え以上の役人である勘定吟味役である。勘定吟味役というと、幕府の金の出入りいっさいを監督することが任務である...
江戸

「八州廻り桑山十兵衛」シリーズの最高傑作

佐藤雅美さんの『江戸からの恋飛脚』を読み終えた。主人公の桑山十兵衛の八州廻りとしての活躍ぶりばかりでなく、新しい恋を描いていることで、シリーズ随一の華やかさでエンターテインメント度も高い。 江戸からの恋飛脚―八州廻り桑山十...
2020.05.24
伝奇

将軍の墓所決定をめぐる疑惑

上田秀人さんの『秋霜の撃』を入手する。“一放流”の剣の達人で幕府勘定吟味役を務める、水城聡四郎が活躍する、「勘定吟味役異聞」シリーズの第三弾である。 秋霜の撃 勘定吟味役異聞(三) (光文社文庫) 作者: 上田秀人 出版社/メーカ...