本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

2006-08-17

スポンサーリンク
市井人情

じんわりと心が温かくなる時代小説

今井絵美子さんの『雁渡り 照降町自身番書役日誌』を読んだ。自身番とは江戸の町の警備のために設けられた番屋のこと。書役(かきやく)は町名主の補佐として自身番に詰めて、諸々の事務にあたっていた。 この物語の主人公書役の喜三次は、元の名を生田三...