2006-02-04

スポンサーリンク
捕物

江戸の捜査が堪能できる捕物小説

千野隆司さんの『鬼心 南町同心早瀬惣十郎捕物控』を読み終えた。前2作『夕暮れの女』『伽羅千尋』はアリバイ崩しや真犯人探しが魅力だったが、今回は最初から犯人は明かされていた。 深川で雪駄小間物傘問屋を営む市之助は、借金の返済のため、雪駄の行...