Twitterと新刊情報へのリンク設置

「時代小説SHOW」サイトをWordPressを利用してリニューアル作業をしています。Topページのメニューに、新たにTwitterと新刊情報へのリンクを設置しました。

WordPressでの投稿がTwitterに反映されるWP to Twitterというプラグインを使っています。

新刊情報は、文庫の新刊情報のうち、時代小説に関連するものだけを取り上げています。完全に手動でページを作成しているので、更新が滞ることもあるかと思いますが、次に読む本探しの参考にしていただければ幸いです。

WordPressのプラグインで、Amazonの書誌データを参照できるもので使い勝手がいいものがないか、探しています。今のところ、Amazon Reloatedというプラグインを使っています。XOOPSモジュールのAmaxoop2のようなものがあるとうれしいのですが…。

「鎌倉河岸捕物控」の最新作とドラマ化

佐伯泰英さんの人気シリーズ「鎌倉河岸捕物控」がNHK土曜時代劇でドラマ化されます。「まっつぐ――鎌倉河岸捕物控」のタイトルで、本日(2010年4月17日)、総合テレビ午後7時30分~8時45分まで放送されます。

鎌倉河岸は、現在の内神田1丁目から2丁目にかけてのあたり(日本橋川にかかる鎌倉橋の北側一帯)。江戸の慶長年間に江戸城の改修工事のため、御堀の川筋に鎌倉から運ばれた石材を陸揚げしたことから、「鎌倉河岸」といわれるようになったようです。

その鎌倉河岸にあった酒問屋の豊島屋が、原作同様、ドラマでも重要な舞台となるようです。竹中直人さんが豊島屋の主人・清蔵を演じるそうで、若い出演者が多い中で、どのような存在感を見せるのか、楽しみです。

ちょうど、「鎌倉河岸捕物控」の最新巻(第16巻)の『八丁堀の火事』が発売になったばかりなので、あわせて楽しみたいと思います。

八丁堀の火事 (ハルキ文庫 さ 8-32 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控 16の巻)

武士の金銭事情を解き明かす歴史読み物

歴史家の安藤優一郎さんが、KKベストセラーズのベスト新書から『鬼平の給与明細』を発行されました。

鬼平こと長谷川平蔵がタイトル名に入り、時代劇・時代小説のファンには食指の動く本です。

第一章では、鬼平の素顔を金銭事情から紹介しています。第二章、第三章では、江戸の武家社会や御家人の生活を金銭面から見ていきます。第四章では、大岡越前や勝小吉(海舟の父)から旗本の家計事情を取り上げています。さらに第五章では、幕末から明治にかけて武士の消滅していく過程を給与(家禄)から解き明かしていきます。

「武士は食わねど高楊枝」の言葉から、武士社会では金を軽視する風潮があるように思われていますが、実際はどうだったのでしょうか。興味深いテーマなので、楽しみながら読んでみたいと思います。

安藤さんは、ここ数年、精力的に江戸時代を取り上げた歴史新書本を多数執筆されています。いずれの本も現代人の視点で、ビジネス書っぽい切り口を取り入れて、わかりやすく書かれています。


井上ひさしさんの訃報

作家の井上ひさしさんが3月9日、肺がんのため死去。75歳でした。

井上さんといえば、中高生の頃にそのユーモア小説(『ブンとフン』や『青葉繁れる』など)を愛読していました。また、大学生のころ、「イーハトーボの劇列車」などの芝居を見たことも思い出されます。

江戸の戯作者の世界を描いた『手鎖心中』や伊能忠敬を描いた『四千万歩の男』など、いくつかの面白い作品を発表されています。しかしながら、時代小説の作家としてのイメージがあまりありません。今まであまり気にしてこなかったのですが、不思議です。

個人的には、戯作者のエピソードを綴った『戯作者銘々伝』が、今、読み返してみたい本のひとつです。








Wikipediaなどネットでは、井上さんのプライベートな面のネガティブな話が出てきて、そちらのほうが耳目を集めてしまったようで、残念です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E3%81%B2%E3%81%95%E3%81%97

『汐のなごり』と酒田の町

北重人さんの『汐のなごり』は、出羽の架空の町・水潟を舞台にしています。この町は自然や湊町の風景ばかりでなく、風習や気質の面でも酒田をモデルにしていることが伝わってきます。

「塞道の神」では、小正月に行われる塞道の祭りが描かれ、幕見のことにも触れられています。

 塞道の祭は、朝未き、太鼓と町内への呼ばわりで始まるのである。
 小路の辻に出ると、男たちが数人、長い黒板塀に大きな幔幕を張っていた。幕見の幕である。源平の合戦や大江山の鬼退治などを描いた幔幕が町内ごとに張られる。市中の者や近在から出て来た者がそれらを見物して廻る。それを幕見と称していた。
(「塞道の神」P.215より)


http://www1.bbweb-arena.com/ryu1/myweb14_018.htm

また、酒田は北前船の寄港地であり、幕府や諸藩の米の廻米にも関わっていたこともあり、米会所がありました。

 当時水潟では、あちこちで相場が張られていた。公許の帳合米相場は米会所の市場だけなのだが、相場好きが多く、それぞれの身代に合わせて相場を張るのである。
 まず、合百という相場があった。
(「合百の藤次」P.292より)


「合百の藤次」は、その帳合米相場で身代を賭けて相場を張る男たちが描かれています。享保期に登場した本間宗久は酒田の米商人で、米相場で莫大な富を築き、本間家の勃興を支えた人物です。彼が考案したという「酒田五法」は現在でも株の売買などで有効といわれています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E9%96%93%E5%AE%97%E4%B9%85

酒田の町を訪れてみたいと思いました。