紫式部|時代小説で読む

[む] 紫式部|むらさきしきぶ|作家・歌人・女官|平安

『源氏物語』の作者と知られる紫式部は、漢詩人で歌人でもある下級貴族藤原為時の娘に生まれました。
長じて、藤原道長に召し出されて、道長の娘で、一条天皇中宮の彰子に仕えている間に『源氏物語』を完成させました。

権力者の近くにいながらも、生没年不詳で、その生涯は不明な部分が多く残っていて、歴史時代小説の題材としても魅力的な存在です。

夏山かほるさんの『新・紫式部日記』を読んで以来、気になる歴史上の人物の一人です。

同じ著者の『源氏五十五帖』では、紫式部の娘・藤原賢子が『更級日記』の作者・菅原孝標の娘、更級と、道長の命で、幻の源氏物語を探しに旅に出ます。

篠綾子さんの『あかね紫』でも、紫式部の娘・藤原賢子が登場します。

紫式部の幻の作品をめぐる作品には、森谷明子さんの『千年の黙 異本源氏物語』があります。

紫式部を主人公とした王朝推理絵巻三部作となる、『白の祝宴 逸文紫式部日記』『望月のあと 覚書源氏物語『若菜』』とあわせて読みたい、

岡田鯱彦さんの『薫大将と匂の宮』では、「宇治十帖」を巡る殺人事件を、紫式部と清少納言が推理を競う、王朝推理小説です。

DATA
生誕:不明 ※天禄元年(970年)~天元元年(978年)の間
死没:不明 ※寛仁3年(1019年)
別名:藤式部
家族:(父)藤原為時、(夫)藤原宣孝、(子)藤原賢子

時代小説SHOW 投稿記事

「源氏物語」に秘められた謎、紫式部の秘密を描く王朝ロマン
『新・紫式部日記』|夏山かほる|日本経済新聞出版 夏山かほるさんの長編歴史時代小説、『新・紫式部日記』(日本経済新聞出版)を紹介します。 この作品で著者は、2019年、第11回日経小説大賞を受賞してデビューしました。 紫式部が藤原...
藤原道長の命運を握る「源氏物語」幻の一帖を求めて
『源氏五十五帖』|夏山かほる|日本経済新聞出版 夏山かほるさんの長編歴史時代小説、『源氏五十五帖』(日本経済新聞出版)を入手しました。 2019年、『新・紫式部日記』で第11回日経小説大賞を受賞してデビューした著者の受賞第一作です。...
「源氏物語殺人事件」で、紫式部と清少納言が推理比べ
『薫大将と匂の宮』 岡田鯱彦(おかだしゃちひこ)さんの長編時代ミステリ、『薫大将と匂の宮』(創元推理文庫)を入手しました。 本書は、『源氏物語』の主人公光源氏ゆかりの二人の貴公子、薫大将と匂の宮が織りなす物語「宇治十帖」の世界を舞台...
烏鷺寺異聞 式部少納言碁盤勝負
烏鷺寺異聞 式部少納言碁盤勝負 (うろでらいぶん・しきぶしょうなごんごばんしょうぶ) 篠田達明 (しのだたつあき) ★★★★☆☆ ♪タイトルの烏鷺寺は、洛北・長谷御殿町にある龍泉寺のこと。白い鷺と黒い烏が戦うさまから囲碁の...

時代小説リスト


:おすすめ、:気になる

『新・紫式部日記』夏山かほる『新・紫式部日記』(日本経済新聞出版、2020年2月刊)長編
『源氏五十五帖』夏山かほる『源氏五十五帖』(日本経済新聞出版、2021年2月刊)長編
『あかね紫』篠綾子『あかね紫』(集英社・集英社文庫、2021年3月刊)長編
『千年の黙 異本源氏物語』森谷明子『千年の黙 異本源氏物語』(東京創元社・創元推理文庫、2009年6月刊)長編
『白の祝宴 逸文紫式部日記』森谷明子『白の祝宴 逸文紫式部日記』(東京創元社・創元推理文庫、2015年7月刊)長編
『望月のあと 覚書源氏物語『若菜』』森谷明子『望月のあと 覚書源氏物語『若菜』』(東京創元社・創元推理文庫、2018年6月刊)長編
『散華―紫式部の生涯〈上〉』杉本苑子『散華―紫式部の生涯〈上〉』(中央公論新社・中公文庫、1994年1月刊)長編
『散華―紫式部の生涯〈下〉』杉本苑子『散華―紫式部の生涯〈下〉』(中央公論新社・中公文庫、1994年2月刊)長編
『タイムスリップ紫式部』鯨統一郎『タイムスリップ紫式部』(講談社・講談社文庫、2013年12月刊)長編
『烏鷺寺異聞―式部少納言碁盤勝負』篠田達明『烏鷺寺異聞―式部少納言碁盤勝負』(徳間書店、1998年12月刊)長編
『薫大将と匂の宮』岡田鯱彦『薫大将と匂の宮』(東京創元社・創元推理文庫、2020年3月刊)長編
『女人古寺巡礼』杉本苑子『女人古寺巡礼』(講談社・講談社文庫、1996年1月刊)短編

検索 “紫式部”を「時代小説SHOW」で検索

時代小説で読む歴史人物ガイドへ戻る