文庫●2020年6月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2020年6月中旬の新刊(11日→20日)

2020年6月11日から6月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

講談社文庫から、上田秀人さんの『布石 百万石の留守居役(十五)』が出ます。

加賀百万石の留守居役・瀬能数馬と、各藩留守居役との駆け引きを描く好評書下ろしシリーズの第15弾です。神君家康の懐刀と言われた本多正信の血筋で、加賀藩筆頭家老の本多政長の存在感が抜群。

吉川永青さんの『老侍(おいざむらい)』は、最期の最期まで「侍」であることにこだわり続けた、六人の武将の生き様を描く戦国作品集です。
戦国時代に、「定年」はない、というキャッチフレーズに惹かれます。

幻冬舎時代小説文庫の新刊は、大充実です。

葉室麟さんの『潮騒はるか』
「安政の大獄」目前、時代の大変革がうねりを上げる中で、蘭学を学ぶ男たちと彼らを愛する女たちを描いた時代長編。

篠綾子さんの『弟切草 小烏神社奇譚』
小烏神社の若き宮司である竜晴とその友人で、神社の一画で薬草を育てている医者で本草学者の泰山。薬種問屋の息子が毒に倒れる事件に遭遇します。

木下昌輝さんの『秀吉の活』
豊臣秀吉の波瀾に満ちた生涯を就活や婚活など、「活」という語を軸に十の時期に分け、その人生を描いた新機軸の『太閤記』です。

村木嵐さんの『頂上至極』
関ヶ原の合戦から150年。徳川に歯向かい、いまだ敵視され続ける薩摩に非情な命が下る。天下の暴れ川・木曽三川の、絶対不可能とされる治水工事。1000人の藩士が、一路美濃へ。

角川文庫から、宮部みゆきさんの『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』が刊行されます。
三島屋の主人伊兵衛は、傷ついた姪おちかの心を癒やすため、語り捨ての変わり百物語を始めました。おちかは悲しみを乗り越え、新たな聞き手が登場します。

知野みさきさんの『深川二幸堂菓子こよみ(三)』が、だいわ文庫から出ます。
兄弟が営む江戸の菓子屋をめぐる温かな絆と切ない恋、感動の完結篇です。

祥伝社文庫では、三好昌子さんの『むじな屋語蔵 世迷い蝶次』に注目しています。
“秘密”を預かる奇妙な商いをする、『むじな屋』の阿漕な話を聞いた、京都西町奉行所同心の手先・蝶次は、義憤から化野のむじな屋を訪れました……。

今月の時代小説文庫も見逃せません。

柴田よしきさんの『あんの青春 春を待つころ お勝手のあん』
品川宿の老舗宿屋「紅屋」のお勝手女中見習いとして働く、おやす。女性として、料理人として成長する姿を描くシリーズ第2弾です。

今村翔吾さんの『童の神』
平安時代「童」と呼ばれる者たちがいた。彼らは鬼、土蜘蛛……などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていました。京人に父と故郷を奪われた桜暁丸は、童たちと共に朝廷軍に決死の戦いを挑みます。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●6月11日発売 講談社・講談社文庫
『布石 百万石の留守居役(十五)』
→記事:政長と数馬、隣藩・越前松平家との悶着に始末を付けられるか
上田秀人『布石 百万石の留守居役(十五)』
『若君の覚悟 公家武者 信平(八)』佐々木裕一『若君の覚悟 公家武者 信平(八)』
『うちの旦那が甘ちゃんで 8』神楽坂淳『うちの旦那が甘ちゃんで 8』
『老侍』吉川永青『老侍』
●6月11日発売 講談社・講談社学術文庫
『武士の町 大坂』藪田貫『武士の町 大坂』
●6月11日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『潮騒はるか』葉室麟『潮騒はるか』
『弟切草 小烏神社奇譚』
→記事:江戸の陰陽師、若き宮司と本草学者のバディが怪事件を追う
篠綾子『弟切草 小烏神社奇譚』
『かえり花 お江戸甘味処 谷中はつねや』倉阪鬼一郎『かえり花 お江戸甘味処 谷中はつねや』
『月夜の牙 義賊・神田小僧』小杉健治『月夜の牙 義賊・神田小僧』
『秀吉の活』
→記事:天下人・秀吉の生涯を「○活」で斬る、木下昌輝版『太閤記』
木下昌輝『秀吉の活』
『飛猿彦次人情噺 攫われた娘』鳥羽亮『飛猿彦次人情噺 攫われた娘』
『頂上至極』
→記事:「2020年6月中旬の新刊(文庫)」をアップ
村木嵐『頂上至極』
●6月11日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『イタリア絵画史』ロベルト・ロンギ『イタリア絵画史』
『最初の礼砲 –アメリカ独立をめぐる世界戦争』バーバラ・W・タックマン『最初の礼砲 --アメリカ独立をめぐる世界戦争』
●6月12日発売 KADOKAWA・角川文庫
『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』宮部みゆき『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』
『宮廷神官物語 十一』榎田ユウリ『宮廷神官物語 十一』
●6月12日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『平野が語る日本史』日下雅義『平野が語る日本史』
『日本俗信辞典 植物編』鈴木棠三『日本俗信辞典 植物編』
●6月12日発売 大和書房・だいわ文庫
『深川二幸堂菓子こよみ(三)』知野みさき『深川二幸堂菓子こよみ(三)』
●6月12日発売 東京創元社・創元推理文庫
『千弥の秋、弥助の冬 (妖怪の子預かります10)』廣嶋玲子『千弥の秋、弥助の冬 (妖怪の子預かります10)』
●6月12日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『仕事に効く 教養としての「世界史」』出口治明『仕事に効く 教養としての「世界史」』
『むじな屋語蔵 世迷い蝶次』
→記事:重荷を抱えて生きる人に勇気を。むじな屋には秘密がいっぱい
三好昌子『むじな屋語蔵 世迷い蝶次』
『信長の軍師外伝 家康の黄金』岩室忍『信長の軍師外伝 家康の黄金』
『豪傑 岩見重太郎』稲田和浩『豪傑 岩見重太郎』
『必殺闇同心 隠密狩り』黒崎裕一郎『必殺闇同心 隠密狩り』
●6月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『あんの青春 春を待つころ お勝手のあん』
→記事:美味しい料理とともに描く、江戸版「赤毛のアン」第2作
柴田よしき『あんの青春 春を待つころ お勝手のあん』
『童の神』
→記事:滝夜叉、酒吞童子、坂田金時、晴明。オールスター平安絵巻
今村翔吾『童の神』
『伊勢海老恋し 料理人季蔵捕物控』和田はつ子『伊勢海老恋し 料理人季蔵捕物控』
『剣鬼と盗賊 剣客同心親子舟』鳥羽亮『剣鬼と盗賊 剣客同心親子舟』
●6月17日発売 彩図社
『図解 いちばんやさしい古事記の本』沢辺有司『図解 いちばんやさしい古事記の本』
●6月18日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵 2020.7・8』
→記事:『文蔵 2020.7・8』の特集は、「医療小説」の進化を追え!
「文蔵」編集部編『文蔵 2020.7・8』
●6月19日発売 集英社・集英社文庫
『眠狂四郎虚無日誌 上』柴田錬三郎『眠狂四郎虚無日誌 上』
『眠狂四郎虚無日誌 下』柴田錬三郎『眠狂四郎虚無日誌 下』
『時代小説 ザ・ベスト2020』
→記事:旬で読み得!2019年を代表する短編時代小説ベスト11
(公社)日本文藝家協会編『時代小説 ザ・ベスト2020』

↑ 新刊情報Topへ← 2020年6月の新刊 上(1日→10日)2020年6月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2020年6月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年6月の新刊(1日→末) 2020年6月1日から6月30日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...