文庫●2020年6月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2020年6月上旬の新刊(1日→10日)

2020年6月1日から6月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

緊急事態宣言解除後のせいか、今月は新刊ラッシュで、どれから読み始めるか、大いに迷ってしまいます。

実業之日本社文庫から出る、田中啓文さんの『文豪宮本武蔵』は、タイトルに惹かれます。
剣豪宮本武蔵が大坂の陣で意識を失い、目が覚めると、なぜか時を越え明治時代の東京にタイムスリップ。

小学館文庫の新刊に注目。

金子成人さんの『脱藩さむらい 切り花』は、シリーズ第4作にして最終巻。
藩命で脱藩させられた香坂又十郎は、江戸で汚れ仕事を担わされて孤独な戦いを続けていました。藩を取り巻く陰謀が明かされます。

河治和香さんの『遊戯神通 伊藤若冲』は、近年人気が高い、江戸の絵師、若冲の素顔と秘密に迫る長編小説。江戸、明治の二つの時代を行き来する作品です。

文春文庫の新刊もマストリードな作品が並びます。

畠中恵さんの『ひとめぼれ』は、町名主の跡取り・麻之助が活躍する大人気「まんまこと」シリーズの第6弾です。
同心の養子となった麻之助の親友・吉五郎の様子がおかしい……。

川越宗一さんの『天地に燦たり』は、日本、朝鮮、琉球という東アジア三カ国を舞台に、侵略する者、される者をそれぞれに描いた歴史時代小説です。
第25回(2018年)松本清張賞受賞作。

奥山景布子さんの『音四郎稽古屋手控 音わざ吹き寄せ』は、『稽古長屋 音わざ吹き寄せ』(2014年11月、文藝春秋刊)を改題して文庫化したもの。

眉目秀麗な音四郎は四年前まで期待の女形だった。舞台を去る原因となった脚の怪我をめぐる醜聞の真相とは。江戸情緒あふれる九編を収録しています。

双葉文庫からは、芝村凉也さんの『長屋道場騒動記【七】-迷い熊繋ぐ』が出ます。。
心優しき巨躯の剣士「迷い熊」間野生馬が悪を討つ! 痛快人情活劇シリーズの第7弾です。

今月は、ハヤカワ時代ミステリ文庫の新刊もあります。

冬月剣太郎さんの『掟破り 陰仕え 石川紋四郎2』は、紋四郎とさくらのおしどり夫婦が活躍するシリーズ第2作。
「陰仕え」として幕府の密命に従い、親友を斬った紋四郎に新たな命が下った……。

倉本由布さんの『寄り添い花火 薫と芽衣の事件帖』は、15歳の娘二人による友情捕物小説です。札差の娘で岡っ引きの薫と同心の娘で薫の下っ引きをつとめる芽衣。

コスミック・時代文庫からは、山田剛さんの『新地奉行 太田太田太 老中の密命』が刊行されます。
江戸のあらゆる屋敷に立入御免、屋敷改め自在の新地奉行をつとめる太田太田太が悪を断つシリーズ第2弾です。

光文社文庫の新刊も充実のラインナップです。

岡本さとるさんの『黄昏の決闘 若鷹武芸帖』はシリーズ第6作。
公儀武芸帖編纂所頭取の新宮鷹之介が、辻斬りの正体に迫るために居合の達人を捜します。

佐伯泰英さんの『新酒番船』は、文庫書き下ろし作品。
丹波杜氏の息子で、灘の酒蔵で蔵人見習となった海次は十八歳。興味は酒造りより、新酒を江戸に運ぶ新酒番船の勇壮な競争にあった。海次の冒険の物語が始まります。

小杉健治さんの『欺きの訴 吟味方与力 望月城之進』は、文庫書き下ろし新シリーズ。
吟味方与力の望月城之進は、真相を解明するため、罪を真っ向から否認する下手人を解き放った……。

知野みさきさんの『駆ける百合 上絵師 律の似面絵帖』は、一途に生きる女職人の人生を描くシリーズ第六弾です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●6月1日発売 幻冬舎
『古九谷を追う 加賀は信長・利休の理想郷であったのか』西野鉄郎『古九谷を追う 加賀は信長・利休の理想郷であったのか』
●6月1日発売 文芸社
『備中入道の暑い夏』向田雅『備中入道の暑い夏』
●6月4日発売 草思社・草思社文庫
『鬼谷子: 中国史上最強の策謀術』高橋健太郎『鬼谷子: 中国史上最強の策謀術』
●6月4日発売 ポプラ社・ポプラ文庫
『浜風屋菓子話 日乃出が走る(二) 新装版』中島久枝『浜風屋菓子話 日乃出が走る(二) 新装版』
●6月5日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『文豪宮本武蔵』
→記事:漱石、一葉、子規も絶賛、宮本武蔵の明治の奇妙な冒険
田中啓文『文豪宮本武蔵』
『信長・秀吉・家康 天下人の夢』津本陽、二木謙一『信長・秀吉・家康 天下人の夢』
●6月5日発売 徳間書店・徳間文庫
『婿殿開眼八 奔走虚し』牧秀彦『婿殿開眼八 奔走虚し』
●6月5日発売 PHP研究所・PHP文庫
『[新訳]ローマ帝国衰亡史』エドワード・ギボン著、中倉玄喜編訳『[新訳]ローマ帝国衰亡史』
●6月5日発売 小学館・小学館文庫
『脱藩さむらい 切り花』
→記事:又十郎、非情な密命を果たして、妻と再会し故郷に帰れるのか
金子成人『脱藩さむらい 切り花』
『浄瑠璃長屋春秋記 紅梅』藤原緋沙子『浄瑠璃長屋春秋記 紅梅』
『遊戯神通 伊藤若冲』
→記事:琳派の図案家、江戸の天才絵師・伊藤若冲の素顔に迫る
河治和香『遊戯神通 伊藤若冲』
●6月9日発売 文藝春秋・文春文庫
『更衣ノ鷹 上 居眠り磐音(三十一)決定版』佐伯泰英『更衣ノ鷹 上 居眠り磐音(三十一)決定版』
『更衣ノ鷹 下 居眠り磐音(三十ニ)決定版』佐伯泰英『更衣ノ鷹 下 居眠り磐音(三十ニ)決定版』
『ひとめぼれ』畠中恵『ひとめぼれ』
『天地に燦たり』
→記事:儒教思想を主題に朝鮮出兵を描く、直木賞作家のデビュー作
→記事:「礼」を失った戦国の世に、「礼」の意を問う清張賞受賞作
川越宗一『天地に燦たり』
『音四郎稽古屋手控 音わざ吹き寄せ』
→記事:元歌舞伎の女方で、長唄の師匠・音四郎には、秘密がいっぱい
奥山景布子『音四郎稽古屋手控 音わざ吹き寄せ』
●6月10日発売 双葉社・双葉文庫
『新・知らぬが半兵衛手控帖 (10)-再縁話』藤井邦夫『新・知らぬが半兵衛手控帖 (10)-再縁話』
『三河雑兵心得(3)-足軽小頭仁義』井原忠政『三河雑兵心得(3)-足軽小頭仁義』
『長屋道場騒動記【七】-迷い熊繋ぐ』
→記事:十河藩の藩内抗争に巻き込まれ、出自に疑念を抱くお君
芝村凉也『長屋道場騒動記【七】-迷い熊繋ぐ』
『浪人奉行 九ノ巻』稲葉稔『浪人奉行 九ノ巻』
『銭形平次捕物控 傑作集六-決死冒険篇』野村胡堂『銭形平次捕物控 傑作集六-決死冒険篇』
●6月10日発売 早川書房・ハヤカワ時代ミステリ文庫
『掟破り 陰仕え 石川紋四郎2』
→記事:連続同心殺しの謎を追う、おしどり夫婦に危難
冬月剣太郎『掟破り 陰仕え 石川紋四郎2』
『寄り添い花火 薫と芽衣の事件帖』
→記事:岡っ引きと下っ引きをつとめる、娘二人の大江戸バディ捕物帖
倉本由布『寄り添い花火 薫と芽衣の事件帖』
●6月10日発売 光文社・知恵の森文庫
『時代劇ベスト100+50』春日太一『時代劇ベスト100+50』
●6月10日発売 光文社・光文社文庫
『黄昏の決闘: 若鷹武芸帖』岡本さとる『黄昏の決闘: 若鷹武芸帖』
『最後の夜: 大江戸木戸番始末(十三)』喜安幸夫『最後の夜: 大江戸木戸番始末(十三)』
『炎の牙 決定版: 八丁堀つむじ風(六)』和久田正明『炎の牙 決定版: 八丁堀つむじ風(六)』
『兄妹氷雨 決定版: 研ぎ師人情始末(五)』稲葉稔『兄妹氷雨 決定版: 研ぎ師人情始末(五)』
『秋霜の撃 決定版: 勘定吟味役異聞(三)』上田秀人『秋霜の撃 決定版: 勘定吟味役異聞(三)』
『新酒番船』
→記事:「2020年6月上旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:江戸のヨットレース、新酒番船を爽やかに描く、海洋時代小説
佐伯泰英『新酒番船』
『欺きの訴: 吟味方与力 望月城之進』小杉健治『欺きの訴: 吟味方与力 望月城之進』
『駆ける百合: 上絵師 律の似面絵帖』
→記事:妻として、嫁として、職人として、律の新しい生活が眩しい
知野みさき『駆ける百合: 上絵師 律の似面絵帖』
●6月10日発売 コスミック出版・コスミック・時代文庫
『若殿はつらいよ 淫殺 逆葵凶獣団 (第11巻)』鳴海丈『若殿はつらいよ 淫殺 逆葵凶獣団 (第11巻)』
『新地奉行 太田太田太: 老中の密命 (第2巻)』
→記事:太田太、将軍側室の実父日啓上人の息がかかる寺の不正を暴く
山田剛『新地奉行 太田太田太: 老中の密命 (第2巻)』
『秀頼出陣! 異戦大坂の陣[ニ] (第2巻)』中里融司『秀頼出陣! 異戦大坂の陣[ニ] (第2巻)』
『秘剣の名医[六]蘭方検死医 沢村伊織』永井義男『秘剣の名医[六]蘭方検死医 沢村伊織』

↑ 新刊情報Topへ← 2020年5月の新刊 下(21日→月末)2020年6月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2020年6月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年6月の新刊(1日→末) 2020年6月1日から6月30日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...