2018年12月の新刊 上

時代小説 文庫新刊情報

2018年12月の新刊 上(1日→10日)
更新日:2018/12/10

2018年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

文春文庫かの新刊では、伊東潤さんの『天下人の茶』と安部龍太郎さんの『おんなの城』に注目しています。

前者は、茶の湯文化を創出した男・千利休と現世の支配者となった豊臣秀吉との相克を描いています。
後者は、井伊直虎ほか、三人の女の運命を描いた中篇集です。

『「御宿かわせみ」ミステリ傑作選』は、江戸人情ものとして名高い平岩弓枝さんの人気から書評家の大矢博子さんが、ミステリとしても秀逸な作品を7篇厳選しました。

実業之日本社文庫の新刊にも注目しています。
葉室麟さんの『草雲雀』では、愛する者の望みを叶えるため剣を抜いた男の運命が描かれています。

田牧大和さんの『恋糸ほぐし 花簪職人四季覚』は、江戸の花簪職人・忠吉の淡い恋を描いています。

今月いちばんの楽しみは幻冬舎文庫の新刊たちです。

木下昌輝さんの『天下一の軽口男』は、江戸中期に活躍した上方落語の祖・米沢彦八の波瀾万丈の一代記です。

山本巧次さんの『江戸の闇風 黒桔梗 裏草紙』は、「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」シリーズの著者による、手に汗握る痛快時代小説です。

金子成人さんの『追われもの二 孤狼』は、八丈島から島抜けし江戸に戻った丹次は、追われ者の身ながらも、家業の乾物問屋を潰した兄嫁の行方を追います。
鳴神響一さんの『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』は、文人・文治郎の名推理が楽しめる人気の時代ミステリの第3弾です。

光文社文庫の新刊も魅力的です。

柏田道夫さんの『面影橋まで』は表紙装画が雰囲気があって素敵で、食指が動きます。

福原俊彦さんの『隠密旗本 荒事役者』は、公儀の手先「影廻衆」として密命を果たす旗本高鳥家の三男坊・三郎太が痛快な活躍をみせるシリーズ2作目です。

小杉健治さんの『其角忠臣蔵』は、俳諧師・宝井其角と赤穂浪士とのかかわりをどのような物語に仕立てるのか興味津々です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●12月1日発売 ポプラ社・ポプラ文庫
『湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ: 三日月の巻』中島久枝『湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ: 三日月の巻』
●12月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『世界の男 南方熊楠』前壽人『世界の男 南方熊楠』
●12月1日発売 文芸社・文芸社文庫
『治部少輔三成の情念』大田鵜太郎『治部少輔三成の情念』
●12月1日発売 櫂歌書房・櫂歌文庫
『田原坂の戦い―西郷どんの西南戦争/回天~明治維新の終焉』岡本顕実
●12月3日発売 光文社・光文社文庫
『伝説の日本史 第2巻 鎌倉・南北朝・室町時代』井沢元彦『伝説の日本史 第2巻 鎌倉・南北朝・室町時代』
●12月4日発売 文藝春秋・文春文庫
『裏切り 新・秋山久蔵御用控(三)』藤井邦夫『裏切り 新・秋山久蔵御用控(三)』
『耳袋秘帖 眠れない凶四郎』風野真知雄『耳袋秘帖 眠れない凶四郎』
『考証要集 2 蔵出し NHK時代考証資料』大森洋平『考証要集 2 蔵出し NHK時代考証資料』
『天下人の茶』伊東潤『天下人の茶』
『おんなの城』安部龍太郎『おんなの城』
『「御宿かわせみ」ミステリ傑作選』平岩弓枝、大矢博子 (選)『「御宿かわせみ」ミステリ傑作選』
『三国志博奕伝』渡辺仙州『三国志博奕伝』
●12月4日発売 日本経済新聞出版社・日経ビジネス人文庫
『30の名城からよむ日本史』安藤優一郎『30の名城からよむ日本史』
●12月5日発売 小学館・小学館文庫
『小説源氏物語 STORY OF UJI』林真理子『小説源氏物語 STORY OF UJI』
●12月5日発売 PHP研究所・PHP文庫
『歴史の勝者にはウラがある 日本人が誤解している戦国史』河合敦『歴史の勝者にはウラがある 日本人が誤解している戦国史』
●12月5日発売 文芸社・文芸社文庫
『復仇の剣 鳥見役影御用』黒崎裕一郎『復仇の剣 鳥見役影御用』
●12月6日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『遠山金四郎が消える』小杉健治『遠山金四郎が消える』
『天下一の軽口男』木下昌輝『天下一の軽口男』
『江戸の闇風 黒桔梗 裏草紙』山本巧次『江戸の闇風 黒桔梗 裏草紙』
『孫連れ侍裏稼業 成就』鳥羽亮『孫連れ侍裏稼業 成就』
『怪盗鼠推参 三』稲葉稔『怪盗鼠推参 三』
『追われもの二 孤狼』金子成人『追われもの二 孤狼』
『悪党町奴夢散際』乾緑郎『悪党町奴夢散際』
●12月6日発売 幻冬舎・幻冬舎文庫
『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』鳴神響一『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』
『愛よりもなほ』山口恵以子『愛よりもなほ』
●12月6日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『草雲雀』葉室麟『草雲雀』
『恋糸ほぐし 花簪職人四季覚』田牧大和『恋糸ほぐし 花簪職人四季覚』
『?盗組鬼退治 天下祭』吉田雄亮『?盗組鬼退治 天下祭』
●12月7日発売 徳間書店・徳間文庫
『疾風の義賊: 〈新装版〉』辻堂魁『疾風の義賊: 〈新装版〉』
『唐金の兵団: 鉄の王』平谷美樹『唐金の兵団: 鉄の王』
●12月7日発売 光文社・光文社文庫
『引導: 鬼役(二十五)』坂岡真『引導: 鬼役(二十五)』
『面影橋まで』柏田道夫『面影橋まで』
『かげろうの恋: もんなか紋三捕物帳』井川香四郎『かげろうの恋: もんなか紋三捕物帳』
『隠密旗本 荒事役者』福原俊彦『隠密旗本 荒事役者』
『とんちんかん: あやかし同心捕物控』霜島けい『とんちんかん: あやかし同心捕物控』
『将軍家の血筋: 日暮左近事件帖』藤井邦夫『将軍家の血筋: 日暮左近事件帖』
『其角忠臣蔵』小杉健治『其角忠臣蔵』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年11月の新刊 下(21日→月末)2018年12月の新刊 中(11日→20日) →