伝奇

人物

歴史伝奇のレジェンドが描く、骨皮道賢と応仁の乱の地獄模様

『血と炎の京 私本・応仁の乱』|朝松健|文春文庫 朝松健(あさまつけん)さんの文庫書き下ろし時代小説、『血と炎の京(みやこ) 私本・応仁の乱』(文春文庫)を入手しました。 伝奇歴史時代小説のレジェンド、朝松健さんの最新作が文春文庫か...
伝奇

正義の闇組織「浦会」暗躍、江戸留守居役には危険がいっぱい

『江戸留守居役 浦会』|伍代圭佑|ハヤカワ時代ミステリ文庫 伍代圭佑(ごだいけいすけ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『江戸留守居役 浦会』(ハヤカワ時代ミステリ文庫)をご恵贈いただきました。 江戸留守居役というと、加賀百万石の若き留...
2020.12.16
伝奇

敵は豊臣秀吉。黄金郷・飛騨白川郷を守る勇者と姫君の物語

『天離り果つる国 上・下』|宮本昌孝|PHP研究所 宮本昌孝さんの長編歴史時代小説、『天離り果つる国(あまさかりはつるくに) 上・下』(PHP研究所)を紹介します。 江戸以前、岐阜県は美濃国と飛騨国に分かれていました。 律令制に基...
2020.12.14
伝奇

「2020年12月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『血と炎の京 私本・応仁の乱』|朝松健|文春文庫 2020年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年12月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました。 今回は、朝松健さんの伝奇歴史小説、『血と炎...
伝奇

金銀と塩硝が眠る、飛騨の“幻の城”に織田信長の魔の手が…

『天離り果つる国 上』 宮本昌孝さんの長編歴史時代小説、『天離り果つる国(あまさかりはつるくに)』(PHP研究所)の上下巻をご恵贈いただきました。 『剣豪将軍義輝』や『ふたり道三』など、伝奇色豊かで夢中で読める、戦国時代エンターテイ...