半九郎疾風剣

半九郎疾風剣半九郎疾風剣
(はんくろうしっぷうけん)
鈴木英治
(すずきえいじ)
[剣豪]
★★★★☆

書き下ろしの文庫の刊行が続き、鈴木さんというと最近の活躍が目覚しい時代小説家の一人である。『半九郎残影剣』に続く、用心棒里村半九郎が活躍するシリーズ第2弾。

「お千香さんは戻ってくる。どんなことがあっても必ず取り戻すという信念さえ失わなければ、きっとお千香さんをその手に抱ける日が来るよ」。半九郎が、行方不明の許嫁を心配する油問屋若旦那庄吉を励ますことばだが、前作に続き、今回も行方不明者を探すのが大きなテーマになっている。さらに、若い娘の連続殺人事件の謎に巻き込まれる主人公・半九郎の活躍ぶりも見どころのひとつだ。ミステリーだけに伏線に注意したい。もちろん、用心棒稼業を営む半九郎が「穂刈の剣」をふるうチャンバラシーンも見逃せない。

許嫁の奈津にやりこめられてしまう、半九郎に親近感を覚える。いずれにしても、この作家の作品についてはもうしばらく追いかけてみたい。

物語●用心棒稼業の里村半九郎の長屋に、町方同心・稲葉七十郎が訪ねてきた。同心の話によると、昨夜、半九郎が会っていた女・お弓が殺されたという。半九郎がお弓とのわかれ話の相談を受けていた同じ長屋に住む小間物屋の脩五郎に嫌疑がかかり、役人に捕まった。半九郎は、同じ長屋の仲間を売ったと責められ、真犯人を捕まえるために動き始めるが…。

目次■なし

装画:百鬼丸
装幀:芹澤泰偉
時代:明示されず
場所:牛込袋町、下駒込村、小石川仲町、小石川春日町、本郷菊坂台町、橋本町、本所松倉町、新大坂町、深川相川町、神田佐柄木町、牛込築地片町ほか
(ハルキ文庫・740円・03/09/18第1刷・326P)
購入日:03/12/29
読破日:04/02/08

Amazon.co.jpで購入